Aerial shot of SCHOTT’s Electronic Packaging business unit in Landshut, Germany

SCHOTTランツフート

ドイツのランツフートにあるSCHOTT Electronic Packaging本社は、当社のガラス金属封止技術技術のコンピテンスセンターであり、当社の特殊ガラスパウダーのイノベーションハブでもあります。

高い技術力を誇るバイエルンの拠点

SCHOTT ランツフート工場は、バイエルン地域で最大かつ最も魅力的な雇用主のひとつであり、航空宇宙、自動車、Eモビリティからデータ、通信、医療に至るまで、さまざまな市場や用途で世界中のお客様と協力しています。

当社の仕事は、高いレベルの革新性によって定義されており、世界最新の電子技術を保護し強化する、新しい形のガラスパッケージを生み出しています。 SCHOTTランツフートは当社のグローバルネットワークの重要な一部として、個々の才能と責任を奨励し、敬意、公正、積極的な交流を企業文化の中心に据えています。

提供するサービス

市場と用途

SCHOTTは、幅広い用途向けに幅広い電子機器包装と特殊ガラス粉末を開発、製造しています。 これらの用途には、高速データおよび通信、自動車市場向けセンサ、エネルギーセクター向けコンポーネント、ならびに複合歯科充填材や医療業界向けの滅菌可能なLEDなどの非電子用途が含まれます。

ガラスと金属の封止の重要な特性である汎用性を活かして、産業用高温センサ、バッテリとコンデンサ、埋め込み式医療デバイス、光電子パッケージなどの用途にも利用されています。

サーバールーム

製品一覧へ

SCHOTT Electronic Packaging事業部は、自動車、オプトエレクトロニクス、周波数制御、大規模フィードスルー、特殊ガラス、熱遮断の6つの製品分野で構成されています。 これらの分野には、自動車用エアバッグとシートベルト用の貫通部からリチウムイオン電池のプロテクターまで、世界で最も広く使用されている幾つかのガラス部品があります。 当社の幅広い電子パッケージ製品群の他の製品には、自動運転車の開発に不可欠な、半導体用パッシベーションガラス、マイクロエレクトロニクスパッケージ、LiDARセンサー用ハーメチックパッケージなどがあります。

ガラス金属封止を使用して製造された電子部品を手に持つ実験服を着用した人物。

当社拠点

SCHOTT AG - ランツフート
Christoph-Dorner-Straße 29
84028 Landshut, Germany
SCHOTT AG - ランツフート
Prof.-Schott-Straße 1
84034 Landshut, Germany

ニーダーバイエルンのアルプスコミュニティ

ユニークな個性と魅力

イザール川のほとりに位置するランツフートは、ミュンヘンから約60kmの距離にあり、歴史と魅力にあふれた街です。 印象的なゴシック建築やロマンチックな細い路地がある旧市街地は、伝統的なものから現代的なものまで、個性豊かな見どころの多い場所です。 コスモポリタンなストリートカフェと楽しいレストランが融合し、昼も夜も活気に満ちた雰囲気に包まれています。 ルネッサンス期のイタリア式宮殿「ランツフート邸」や、中世に建てられた、街全体を見渡すことができる「トラウスニッツ城」などが見どころです。

ドイツ、ランツフート市

雇用機会

SCHOTTランツフートで現在募集されている全ての職種を確認し、Job Boardで検索をカスタマイズしてください。

詳しく読む

お問い合わせ

SCHOTTのランツフートと当社の事業に関する詳細は、お問い合わせフォームにご記入ください。

お問い合わせ