Young family running through a wheat field in sunshine

サステナビリティ

持続可能性の指針は、SCHOTTのDNAに深く刻み込まれています。 これは、当社独自の企業モデルに由来し、1896年の歴史的な財団の定款に根ざしています。 責任あるガバナンス、従業員、社会、環境、気候に対する責任は、当社の持続可能性戦略の重要な要素です。
Hands placed on top of each other in a business meeting

コンプライアンス

コンプライアンスとは、当社が事業を行う各国の規則や規制を順守することだけではありません。 従業員やビジネスパートナーと、当社および製品に対する信頼を築き、維持することは、当社にとって最も貴重な資産です。

詳細をご覧ください
River running through forest

環境に対する責任

環境保護は、SCHOTTの数十年にわたる主要企業目標の1つです。 当社はガラス業界に幾度となく新たな持続可能性の基準を打ち立ててきました。気候保護に関しても同様に基準を打ち立てたいと考えています。 グローバルに事業展開するグループとして、当社は明確な目標を掲げています。 それは、2030年までにクライメート・ニュートラルを達成した最初の特殊ガラスメーカーになることです。

詳細をご覧ください
Woman playing with two children on swing

社会的責任

従業員と社会全体に対して特別な責任を果たすことは、当社の所有者であるCarl Zeiss財団の基本アイデアの1つです。 従って、全社員の健康、安全、社会的セキュリティを非常に重視しています。 しかし、当社の責任は工場のゲートで終わりません。また、私たちは世界中の施設に住み、その施設の近くで働く多くの地域社会に深く献身しています。

詳細をご覧ください

サステナビリティのためのシルバー

ショットのサステナビリティ管理は、国際的な評価機関 EcoVadis によって、2021年の企業社会的責任銀メダルで認められています。 この持続可能性評価により、ショットはリスクを削減し、イノベーションを推進し、ビジネスパートナーとの透明性と信頼を促進することを目指しています。

サステナビリティのためのシルバー