Ceremony for the 125th anniversary of the Carl Zeiss Foundation addressed by Chancellor Angela Merkel

カール・ツァイス財団

カール・ツァイス財団は Carl Zeiss AG および SCHOTT AG の唯一の株主です。 財団の主な役割は、先駆的な精神と責任ある企業統治、ならびに科学の推進に基づいて、2 つの基礎企業の長期的な将来を確保することです。

独自の企業モデル

カールツァイス財団の企業構造を示す図

カール・ツァイス財団は Carl Zeiss AG および SCHOTT AG の唯一の株主です。 財団の定款で規定されているように、財団が2つの企業の株式を売却することは禁止されています。 ZEISSと SCHOTTは、この特別の取り決めにより、独自の企業モデルを備えています。

壮大なビジョン

持続可能な未来を形作る

カール・ツァイス財団は、ドイツで最も古い企業連合の財団の一つです。 その主な役割は、傘下2社の長期的な将来性を確保し、科学の振興を図ることです。
カール・ツァイス AGとショット AGの配当
により、カール・ツァイス財団は科学、技術、工学、数学の分野における研究と教育に資金を提供しています。 財団と傘下の財団企業が登記されているバーデン=ヴュルテンベルク州、ラインラント=プファルツ州、テューリンゲン州のプロジェクトや個人に資金が提供されます。 企業から独立した財団の管理部門が、すべての資金調達活動を行います。

カール・ツァイス財団は、物理学者で起業家のエルンスト・アッベが、ショットの創業者オットー・ショットから支援を得て、1889年にドイツのイエナに設立しました。 現在では、科学的資金を提供するドイツ最大の民間財団の 1つとなっています。

カールスルーエ工科大学 (KIT) の研究所を歩く若い女性
エルンスト・アッベ、カール・ツァイス財団創設者
エルンスト・アッベ(1840 - 1905)、
カール・ツァイス財団創設者
財団の主な目的は、ZEISSとSCHOTTの両社を永続的に保護することです。
(quote analogous)

詳しく見る