Passenger reading a book in an autonomous vehicle

自動運転

自動運転車は、複雑な車載技術の開発を通じて、人間の乗員の利便性を最大化します。 ショットは、幅広い製品を製造することでその技術に貢献し、業務の目や耳として機能する高感度の電子機器を保護しています。
道路前方のディスプレイを備えた自律走行車の内部
LIDAR

光検出・測距( LiDAR )技術は、マイクロオプティクスを採用して周囲の物体の性質と近接度を検出する、自動運転革命の不可欠な部分です。 ショットの気密パッケージング技術、カバーガラス、ガラスウェハ基板は、高感度LiDAR MEMSミラーおよび高出力レーザーを熱や過酷な環境から保護し、湿気、埃、ガスから守り、信頼性と性能を最大限に高めます。

オープントップ車を取り巻くレーダー信号の図
レーダー

自律走行車は、周囲の車両の速度を測定するために超高解像度レーダー技術に依存していますが、干渉を受けることなく動作するためには、信頼性の高い密閉型・不均質型のパッケージング部品が必要です。 SCHOTTの気密性と不均一性のパッケージは、繊細な電子機器を熱、湿気、衝撃、その他の環境要因から保護することで、潜在的に危険な性能障害を排除します。