Laser equipment in a laboratory

レーザー光学

ショットは、数十年にわたってレーザー光学の開発に携わってきており、新境地を開拓し、航空機や医療といった業界がレーザー光学ソリューションを最適化するのを支援する市場へ新しい技術的進歩導入するために尽力し続けています。

浴室を測定する赤色レーザー計測装置

レーザー計測

離れた場所の正確な分析を実現するためのレーザーの使用は、先進の光ファイバーによってのみ可能となります。ショットは産業、分析、センサーの専門家向けの用途に関する光ファイバー技術の大手プロバイダーです。 レーザーは、移動している、高温、繊細な材料の高精度な分析が必要な場合に特に有用です。ショットのさまざまなファイバー種類と直径、入出力コネクターは、弊社の顧客固有の要件に合わせてアクティブレーザーガラス製品をカスタマイズすることを可能にします。

製造工程で使用されるレーザー装置

材料加工

レーザー材料加工は最近では、現代の製造業の定番となっており、その精度は、切断、穴あけ、溶接、マーキングなどの作業のためにレーザー光を増幅するガラスの品質に依存しています。 高度な熱機械特性を備えた当社の高性能レーザーガラスAPG -760シリーズは、高い繰り返し率を持つレーザーシステムに最適です。

雪山の上にいる男性に向けられるレーザー距離計

商業用距離計

レーザー距離計は、飛行時間技術を使用して正確な距離を測定する性能により、さまざまな業界で高い価値を持ち続けています。 LG-940、LG-950、LG-960などの「Eye-safe」リン酸塩レーザーガラス製品を含む多数のショットのレーザーガラス製品は、航空機産業における高度な有用性が実証されています。

緑色光を放射している研究室のレーザー装置

レーザーR& D

レーザーガラス分野におけるショットの専門知識は他に類を見ないほど高く、当社は世界中の先進的な研究開発プロジェクトと協業し続けていきます。 当社は、ガラスの物理的特性と希土類の希土類特性をどのように融合すれば、特定の用途向けにカスタマイズされたアクティブレーザーガラス製品を提供できるかを理解しています。 最近では、ドイツの欧州レーザー研究所や米国のローレンスリバモア国立研究所などの高出力レーザー施設向けに大型のアクティブレーザーガラスを製造しています。

女性の脚の美容レーザー治療

医療および美容レーザー

レーザー技術は、入れ墨の除去または色素沈着痕の処置などの皮膚外科手術を含む、幅広い医療分野におて採用されています。 課題は、長距離または到達困難な箇所で一貫して正確なレーザービームを実現することです。これは、ショットの高品質な光と画像ガイドが優れており、必要な場所に正確に適切な強度と均一性でレーザービームを集束させることに貢献します。

ガラス製ラボチューブ内のオレンジ色のレーザー光

レーザー用ガラスチューブ

レーザー切断機のガラス管は、十分に効果的であるためには、正確な基準に合っていなければなりません。 レーザー切断機に要求される特定の特性の1つは真直度です。だからこそ、多くのレーザーメーカーがショットの高い評価を得ているDURAN®ガラス管を使用するのです。 その堅牢性と安定性により、長期間使用した後でも正確な光路が維持されます。

デジタルプロジェクターのレンズの接写写真

レーザーフラッシュランプ

フラッシュランプは固体レーザーのパルス励起源として使用され、ショットのイノベーションはこの技術を継続的に進歩させています。 弊社の専門家は、レーザー励起蛍光体光源用の蛍光体セラミックコンバーター部品を開発し、デジタルプロジェクター用のレーザー蛍光体ホイールにおける優れた輝度を実現しています。 その結果、プロジェクターは、高温安定性と卓越した熱伝導性により、より信頼性の高い長期的な明るさ、発光、色性能を実現し、耐久性のあるソリューションとなっています。