融着イメージファイバ

ショットの融着イメージファイバは、お客様のニーズを念頭に置いてカスタマイズが可能です。 豊富な素材と構造の選択肢の中から、お客様のシステムのパフォーマンスを最適化するコンポーネントを設計することができます。

幅広い技術特性 – すべてカスタマイズ可能

高解像度

幅広いファイバ径とコントラスト向上技術により、お客様の要件に適した正確なパフォーマンスを実現します。

カスタムの仕上げ

ショットではガラス切断・仕上げ装置(ワイヤソー、 CNC 、研削・研磨、、検査システム)を豊富に取り揃えており、お客様のご要望に沿った部品を製造することができます。

温度変化に強い撮像光学部品

融着イメージファイバは、最大 250°C の連続動作温度を維持します。

結合およびコーティング技術

ショットは、光ファイバをCCD/CMOSをはじめとする様々なセンサやOLEOディスプレイに結合する技術を提供しています。 弊社のコンポーネントは、 AR 、ホットミラー、 ITO などの一般的な光学系コーティング機能にも対応しています。

フェースプレート / ストレートスルー

 

ショットの 光ファイバフェースプレートはすべてお客様固有の要件に合わせて製造されています。 一般的な形状は丸型または長方形で、最大 320 mm 2 の幅広いサイズが用意されています。

ファイバサイズの範囲は 2.5 µ m 以上です。 フェースプレートは真空気密が可能です。

 

フェースプレートの仕様


ショット 光ファイバフェースプレートの技術仕様を示す表

インバータ

ショットの光ファイバインバータは、 4 ~ 25  µ m の範囲のサイズのファイバエレメントを使用して製造されています。これらのファイバエレメントを融合して首尾一貫性のあるイメージングアレイにし、加熱して 、画像を 入出力面 から出力面に 180  o 反転させます。

 

インバータ

テーパ

 

ショットのすべてのテーパはお客様固有の要件に合わせて製造されており、円形から円形、正方形、円形から正方形、長方形までの形状に機械加工できます。 最大直径 75 mm のフォーマットと最大 3: 1 の倍率が利用可能です。

テーパは、線形、正方形、長方形の配列で結合することもできます。また、光ファイバをさまざまなセンサに結合することもできます。   すべてのテーパは AR 、ホットミラー、 ITO の一般的な光学系コーティング機能と互換性があります。  

 

代表的な仕様

イメージコンジット

代表的な仕様

ショットイメージコンジットの代表的仕様を示す表

 

ショットイメージコンジットの透過曲線を示すグラフ

結合型アセンブリ

ショット結合アセンブリで利用可能なオプションとサービスの詳細については、弊社までお問い合わせください。  

ご興味をお持ちですか? お気軽にご連絡ください。

プロジェクトに関するより詳細な情報、サンプル、見積もり、アドバイスがご必要な場合、私たちが喜んで対応させていただきます。

お問い合わせ
Man in glasses in business office on phone while working on laptop_605x350.jpg