NEXTREMA®

SCHOTT NEXTREMA® の技術特性の独自の組み合わせにより、最も厳しい環境にも耐える多用途のガラスセラミックになります。

NEXTREMA® 全 6 タイプの共通特性

耐熱性

NEXTREMA® は、極度の高温または低温に耐える能力を持ち、最高 950°C までの温度に対する優れた耐性を提供するため、高温から低温の用途に理想的な選択肢です。この材料は、最高 820°C の劇的な温度差にも対応できます。

光学特性

NEXTREMA® の製品ラインアップは、 6 つの異なる透過性プロファイルを提供します。 この光学的多様性は、スタイリッシュな赤外線ガラスラジエーターから産業用途まで、幅広いアプリケーションの可能性を提供するため、デザイナーやエンジニアにとって素晴らしいニュースです。

機械的特性

ガラスセラミックである NEXTREMA® はさらなる強化プロセスを必要とせず、高度な機械的強度を誇ります。 6つのすべての製品バリエーションは、高い耐熱性と最大 165 MPa の高い曲げ強度を備えています (4 mm の厚さでにて) 。

化学特性

NEXTREMA® は、過酷な化学環境においても安定しており、酸、塩基および加水分解の影響に対する耐薬品性において、ISO および DIN 規格すべてを満たしています。 劣化がないので、腐食条件下でも材料の信頼性の高い挙動と安定したプロセス環境を実現します。

SCHOTT NEXTREMA® 光学特性

NEXTREMA® は、材料の種類と材料の厚さに応じて、可視領域と赤外領域で 6 つの透過性プロファイルを提供します。 エンジニアやデザイナーにとって、 NEXTREMA® は放射ヒーターなどの光透過や赤外線放射で選ばれる材料です。 NEXTREMA® の6種類の   製品タイプは、お客様のニーズに応じた透過率ポートフォリオを提供し、産業および家庭向けの信頼できる素材パートナーとなります。

重要特性 福利厚生 色付き 
(712-3)
半透明ブルーグレー
(712-6)
オパークグレー
(712-8)
透明
(724-3)
半透明ホワイト
(724-5)
オパークホワイト
(724-8)
可視範囲(400〜800 nm)の6つの透過プロファイル 6 つのデザインオプション 黒色  青色  灰色  透明 白色 白色
グレア低減 はい  はい はい   はい はい
光拡散    はい     はい  
光遮断     はい     はい
 赤外線範囲(800〜4500 nm)の6つの透過プロファイル 効率性の高い赤外線ヒーターカバー はい はい   はい はい  
選択的な赤外線透過     はい     はい
異なる赤外線ヒーターとの互換性あり はい はい はい はい はい はい

 

透過率

透過率の値は、特定の厚さに研磨されたサンプルにて測定されます。

schott-nextrema-transmission-curves_EN_2021_06_02 

このグラフはそれぞれ個別に測定したデータを基にしています。 製造工程により、誤差が生じる場合があります。 サンプルの厚さが約4mmのさまざまなセラミック化状態の典型的な透過率グラフ。

SCHOTT NEXTREMA®  機械的特性

NEXTREMA® はセラミック素材として非常に高い機械的強度を誇り、さらなる強化プロセスを必要としません。 ガラスセラミックはまた、高温であっても卓越した機械的安定性を示します。 曲げ強さが最も高い NEXTREMA® タイプは tinted (712 -3) で、最大 165 メガパスカルの力に耐えることができます。

重要特性 福利厚生 色付き (712-3) 半透明ブルーグレー
(712-6)
オパークグレー
(712-8)
透明
(724-3)
半透明ホワイト
(724-5)
オパークホワイト
(724-8)
最高 165 MPa の曲げ強度 (厚さ 4 mm) 焼き戻しをしなくても高い素材強度 はい はい はい はい はい はい
高温下での信頼性の高い材質強度 はい はい はい はい はい はい
最高 620 の表面/ヌープ硬度 良好な耐摩耗性 はい はい はい はい はい はい
~2,5 g/cm 3の密度 工業用セラミックに匹敵する軽量性 はい はい  はい はい はい はい

 

  • 密度: ρ 約 2.5 – 2.6 g/cm3
  • 弾性係数(ASTM C-1259): 約 84 ~ 95 x 10³ Mpa
  • ポアソン比 (ASTM C-1259):  μ約 0.25 ~ 0.26
  • ヌープ硬度 (ISO 9385):HK HK0.1/ 20 約 570 ~ 600
  • 曲げ強さ(DIN EN 1288, Part 5, R45): σbB約 100 ~ 165 MPa
  • 多孔性(ISO 9385) 0 %
  • 表面粗さ 材質 724 -3 (t = 4 mm) R a ≤ 0.20 μ m Rms ≤ 0.25 μ m

 

耐衝撃性

NEXTREMA™ の耐衝撃性は、取り付け方法、寸法、厚さ、パネルの形状、衝撃のタイプ、また特にドリル穴とその位置に依存します。 したがって、耐衝撃性に関する情報は、特に一部のアプリケーションで満たす必要のある耐衝撃性に関する技術基準と組み合わせて、それぞれの定義されたアプリケーションの知識がある場合にのみ提供できます。 研削プロファイルの品質も、耐衝撃性に重要な影響を与えます。

SCHOTT NEXTREMA® 熱特性  

NEXTREMA® は、耐熱性に関してすべての期待を上回っています。 この材質は非常に高温にも低温にも耐えることができ、最高 950 °C までの卓越した耐性を発揮します。白熱から氷のような低温、そしてその逆の急速な温度変化は、耐熱ガラスセラミックにほとんど影響を与えず、熱応力による破壊を最小限に抑えます。 NEXTREMA® は、ほぼゼロの熱膨張により、最高 820 °C の温度衝撃にも対応でき、高温用途に最適です。

重要特性 福利厚生 色付き (712-3) 半透明ブルーグレー
(712-6)
オパークグレー
(712-8)
透明
(724-3)
半透明ホワイト
(724-5)
オパークホワイト
(724-8)
最高  820°C の耐熱衝撃性 熱衝撃にさらされた場合の信頼性の高い性能 はい はい はい はい はい はい
過酷な温度からのクラックを必要としない急速な冷却 はい はい はい はい はい はい
ほぼゼロの CTE
動作温度最大950°C
不安定な温度状態下の寸法精密性 はい はい はい はい はい はい
ガラスよりも高い耐熱性 (石英ガラスを除く)  はい はい はい はい はい はい
 

 

温度に依存した熱膨張

schott-nextrema-thermal-expansion_EN_2021_06_02 

 

耐温度差特性 (MTG) 400-800 K

ホットゾーンと周りの低温部(室温)との温度差に対する素材の耐性で、熱応力によるクラックが派生しない温度差。

 

耐熱衝撃性 (TSR) 600-820°C (1,112-1,508°F)

加熱された素材を冷水(室温)で急冷したときの温度衝撃に対する素材の耐性で、熱応力によるクラックが発生しない温度。

 

温度/時間負荷容量

温度/時間負荷容量 (TTLC) は、所定の負荷時間に対する最大許容温度を示すもので、ここに示されている時間内では熱応力によるクラックが発生しません。 温度/時間負荷データは素材面内の温度分布が不均一の場合と均一の場合(例えば一定の加熱条件)では異なります。 

様々な温度範囲のCTE
α (-50 °C; 100 °C) -0.8 – 0.6 x 10 -6 K -1
α (0 °C; 50 °C) -0.8 – 0.6 x 10 -6 K -1
α (20°C; 300 °C) -0.4 – 0.9 x 10 -6 K -1
α (300°C; 700 °C) 0.1 – 1.6 x 10 -6 K -1

 

比熱と熱伝導率 (DIN 51936, ASTM E 1461-01)

比熱
Cp (20 – 100 °C) 0.80 – 0.85 J / (g x K)
熱伝導率 (DIN 51936, ASTM E 1461-01)

λ (90 °C) 1.5 – 1.7 W / (m x K)

 

素材の均一および不均一加熱

素材の均一加熱
TTLC / 短時間負荷 (1h) TSR 650 – 950 °C ( 1,202 - 1,742 °F)
TTLC / 継続負荷 (5000 h) TSR 550 – 850 °C ( 1,022 - 1,562 °F)

 

素材の不均一加熱
TTLC / 短時間負荷 (1h) 450 ~ 750 °C/842 ~ 1,382 °F
TTLC / 継続負荷 (5000 h) 400 ~ 560 °C/752 ~ 1.040 °F

SCHOTT NEXTREMA®  化学特性

NEXTREMA® は耐薬品性があり、過酷な環境でも安定性を維持します。 酸、塩基、加水分解の影響に対する耐薬品性について、それ等に関する ISO および DIN 規格に適合しています。 劣化を排除することで、一般的な腐食条件下での安定したプロセス環境だけでなく、信頼性の高い材料挙動が可能になります。 この耐薬品性および耐塩基性のガラスセラミックは、工業デザインおよび製品デザインのすべての分野で使用されています。

重要特性 福利厚生 tinted
(712-3)
translucent bluegrey
(712-6)
opaque grey
(712-8)
transparent
(724-3)
translucent white
(724-5)
opaque white
(724-8)
実験用ガラス器具に匹敵する高い耐薬品性 実験用のガラス製品に匹敵する耐性 はい     はい はい はい
腐食環境に対する信頼性の高い保護 はい     はい はい はい
 非多孔性の滑らかな表面 真空環境でのガス放出なし はい はい はい はい  はい はい
外部からの影響がない場合には粉塵を生成しない はい はい はい はい はい はい
 

 

主成分 (DIN EN 1748 -2 -1)

コンポーネント 組成式 質量あたりの割合
2酸化ケイ素
SiO2
50 % – 80 %
酸化アルミニウム Al2O3
15 % – 27 %
酸化リチウム
Li2O
0 % – 5 %
酸化亜鉛
ZnO
0 % – 5 %
酸化チタン
TiO2
0 % – 5 %
酸化ジルコニウム
ZrO2
0 % – 5 %
酸化マグネシウム
MgO
0 % – 8 %
酸化カルシウム
CaO
0 % – 8 %
酸化バリウム
BaO
0 % – 8 %
酸化ナトリウム
Na2O
0 % – 2 %
酸化カリウム
K2O
0 % – 2 %
 その他 (ご要望に応じて内容を追跡)   0 % – 5 %

 

これらの材料は、欧州指令 2011/65/EU 「電気および電子機器の有害物質」に準拠した有害物質を含まず、RoHS(II)の条件を問題なく満たしています。 NEXTREMA® ガラスセラミックは、100% UVCB 物質ガラスから構成されます。 REACH によると、この種のガラスは危険物質として分類されていません。 NEXTREMA® ガラスセラミックスは、材料仕様の範囲内で使用する場合、既存の法的制限に違反する恐れのある、ライフサイクル全体 ( 廃棄を含む ) にわたって危険物質を放出しません。 

 

ご使用終了時

ドイツ連邦共和国廃棄物処理規制では、次の 5 つの種類の廃棄物を区別しています。 Z0 ( 無制限廃棄物 ) 、 Z3 ( 家庭ゴミ ) 、 Z5 まで ( 毒性の高い廃棄物 ) 。 すべてのNEXTREMA®素材は無制限ゴミに該当します。 国により政府の条例は異なっている可能性があります。 必要であればそれぞれ自治体の当局にお問い合わせ NEXTREMA®は、標準的なガラス(ガラス瓶など)のリサイクルボックスに廃棄しないでください。

 

耐化学薬品性

NEXTREMA®の化学薬品耐性は、ほとんどの同じ様な素材に比べ、より広汎です。

  Tinted (712-3) Translucent bluegrey (712-6) Opaque grey (712-8) Transparent (724-3) Translucent white (724-5) Opaque white (724-8)
耐加水分解性  HGB (ISO 719)  1
耐酸性   S (DIN 12116)
 2
耐アルカリ性   A (ISO 695)
 1

 

1 = 高抵抗 / 低溶解性
2 = 中   抵抗 / 中   溶解性
3 = 低   抵抗 / 高溶解性

ご興味をお持ちですか? お気軽にご連絡ください。

プロジェクトに関するより詳細な情報、サンプル、見積もり、アドバイスがご必要な場合、私たちが喜んで対応させていただきます。

お問い合わせ
Man in glasses in business office on phone while working on laptop_605x350.jpg