フッ化水素酸(HF)捕集ガラス

フッ化水素酸(HF)捕集ガラス

フッ化水素酸(HF)捕集ガラスは、ガラスコードG018-405で販売されています。 物理的および化学的特性を恒久的に管理しながら、標準的な融解を行っています。 さらに、数十年にわたる特殊なプロセスの経験に基づいて、定義された粒度分布を持つ均質な粉末に加工されます。 これにより、再現性のある特性を持つ高品質の製品が製造されます。

機能性による寿命と安全性の向上

フッ化水素酸捕集による耐用年数の向上

早期の容量損失とガス発生など、フッ化水素酸によるセルの劣化は恒久的に防止されます。 したがって、とりわけ高感度で高エネルギー密度の新しい電極材料が、次世代電池セルにおいて可能となります。

温度安定性と低摩耗性

ガラスは、十分な温度安定性があり、安全性を高めるためのセラミックスコーティングの分野でも使用できます。 一般的なセラミック材より摩耗性が低いことも特徴です。 その結果、製造プロセスからの金属粒子の混入を防ぐことができます。

化学的、電気化学的に安定

フッ化水素酸(HF)捕集ガラスは、標準的な伝導性塩と標準塩で安定しています。 また、低電圧から高電圧までの広い電圧範囲で電気化学的に安定します。

最適な製造方法

フッ化水素酸(HF)捕集ガラスは、最適な結果を得るために厳密にモニタリングされた2段階のプロセスで製造されています。 最初に、原料ガラスを特別に設計されたガラスの溶融タンクで溶融され、微細粒径に粉砕されます。

ショットのフッ化水素酸(HF)捕集ガラスG018-405

フッ化水素酸(HF)捕集ガラスG018-405の表  

 

化学プロセス

統合 I: 耐熱セパレーターとしてのフッ化水素酸(HF)捕集コーティング粒子。

耐熱セパレーターとしてのフッ化水素酸(HF)捕集コーティング粒子

これにより、安全性と寿命の向上が可能になります。

 

 

統合 I: 正極材料に混合されたフッ化水素酸(HF)捕集添加剤。  

正極材料に混合されたフッ化水素酸(HF)捕集添加剤

正極材料に混合されたフッ化水素酸(HF)捕集添加剤

電極材料と混合したガラス粒子によって、局所的なフッ化水素酸の攻撃が妨げられました。

ご興味をお持ちですか? お気軽にご連絡ください。

プロジェクトに関するより詳細な情報、サンプル、見積もり、アドバイスがご必要な場合、私たちが喜んで対応させていただきます。

お問い合わせ
Man in glasses in business office on phone while working on laptop_605x350.jpg