セルジオ・アランブロ 

ボゴタ、品質エンジニア 

より良いリーダーになることを学ぶ 

2018年、私はアーリーキャリアプログラムと呼ばれるプロジェクトに参加しました。 プロジェクトチームは、南米、ヨーロッパ、アジアのさまざまな専門的背景と専門知識を持つ人材で構成されていました。  チーム編成、顧客とのミーティング、情報収集などに関して、いくつかの課題が発生しました。  

つまり、チームを率いて意欲を高め、経営陣が期待する成果を達成する経験が私には不足していたのです。  これが、私がプロジェクト当初の自分のリーダーシップを個人的な敗北と呼ぶ理由です。  しかし、その状況は、自分がどのようなリーダーになりたいのか、そして、学んだことをどうやって日々伝えていくのかを考えるきっかけになりました。  結局、良いリーダーとは、指示を出す人ではなく、自分を高めるための刺激を与えてくれる人だと思います。 それが私が目指していることです。 

セルジオ・アランブロ、SCHOTT品質エンジニア

専門家として成長するための障害を克服する 

当初の困難にもかかわらず、私たちはさまざまな障害を克服し、様々な方法を適用して自らを奮い立たせてきました。 これは私たちが専門性を高めるとともに個人として成長することにも役立ちました。 現在、私たちは常に自分自身を超えて成長しようとしており、「Growth Culture(成長する文化)」の原則を適用すれば、チームとしてあらゆる課題を克服できるでしょう。

SCHOTTでのキャリアをスタートしましょう

SCHOTTはやりがいのある仕事に就くための複数のルートを提供しています。

エントリーの選択肢を見る

その他の SCHOTT での体験

Anja Thoma、SCHOTT

Anja Thoma – 人事パートナー兼トレーニング&教育主任

このような素晴らしいチームを持つことは本当に素晴らしい

続きを読む