Two skydivers freefall over a city

戦略

SCHOTT戦略の2026計画は、当社の開発の次の段階の方向を設定します。 #ガラス愛好家として、当社は常に特殊ガラスとガラスセラミックスを再発明し、次の3つの目標を掲げています:パイオニアとなること、お客様とともにハイテクソリューションを開発すること、そして社会と環境に対して責任を持つこと。

SCHOTTの抱負

この戦略に命を吹き込み、定義された対策を開発することは、私たちの共通の目標です。 私たちが注力する4つの活動領域は、 近接領域、地域、ゼロカーボン、イネーブラーです。

近接領域: 新しいビジネスフィールド

特殊ガラスの発明者として、私たちのお気に入りの素材がまだ完全には解明されておらず、無数の可能性を秘めていることを知っています。 そのため、近接市場やアプリケーションにその可能性があることを確かめたいと考えています。 ショットの超薄型ガラスは、未来の折り畳み式スマートフォンのディスプレイを可能にしました。今度は、新製品で既存市場のお客様に感動を与えたいと考えています。 たとえば、医薬品分野では、ポリマーシリンジを使用した全く新しい製品セグメントを開拓しました。
コンクリートブロックの隙間を飛び越える男性

地域: 米国と中国へのフォーカスの高まり

重要な焦点は、米国および中国の今後の市場における事業の拡大です。 国際的な視野に立った世界最大の経済およびイノベーションセンターとして、両地域ともに、幅広い特殊ガラス用途の可能性を秘めています。 地域の研究開発活動を拡大することで、当社は成長を大いに促進し、特に医薬品包装、半導体、データ通信、医療技術、家電製品において好調な結果を期待するつもりです。
男性と女性が一緒に低い壁を飛び越える

ゼロカーボン: クライメート・ニュートラル

基盤企業として、130年以上にわたり企業文化に責任を負ってきた当社は、環境保護における業界のパイオニアでありたいと考えています。 SCHOTTは、気候保護に積極的に貢献するために、2030年までにクライメー・ニュートラルな企業になるという野心的な目標を掲げています。 クライメート・ニュートラルのテーマは、私たちの企業戦略に不可欠な要素であり、気候に悪影響を与える排出物を回避、削減、補償したいと考えています。 これを実現するために、当社は、省エネ、グリーン電力への切り替え、新技術の開発、気候保護プロジェクトへの投資による不可避な排出量の補償という4 つの分野に重点を置いています。
水平線を見ながらヨガのポーズをとる女性

イネーブラー: 最良のチームをデジタルで実現

多様性を当社の文化において中心とし、多様性のあるチームを創造する場合にのみ、成功を収めることができます。 さまざまな価値観や視点は、国籍、性別、専門的な経験と同様に重要であるため、適切な専門知識と適切な多様性を組み合わせながら、各タスクのスタートラインに「最高のチーム」を送りたいと考えています。 デジタルトランスフォメーションは適切なフレームワークを提供し、ガラス生産をより効率的にするためにスピード、インパクト、リーチを獲得し、業界で主導的な役割を果たすためにイノベーションを推進します。
スマートウォッチを見ながら男性と女性を見つめる