Main building of the SCHOTT plant in Jena, Germany

SCHOTTイエナ

イエナは、現在のSCHOTT Groupの創業地です。 ここには、グループの主なフロート技術と診断のコンピテンスセンターがあります。

グローバル企業の誕生の地

イエナは、グローバル企業SCHOTT AGの創業地です(AGは株主管理会社である「Aktiengesellschaft」を意味します)。 1884年にオットー・ショット、エルンスト・アッベ、カール・ツァイスは、現在のSCHOTT Groupの核である「Glass Technology Laboratory Schott und Gen.,」を設立しました。

今日のイエナにおけるSCHOTTの業務は、高強度で極めて耐熱性の高い特殊ガラスの開発、生産、加工が中心となっています。 フロートホウケイ酸ガラスは、耐火性および安全ガラス、耐衝撃性スマートフォンカバーガラス、診断および医療技術用製品、自動車用ガラス、家電製品用ガラスなど、幅広い製品の主要な材料としてここで処理されます。

さらに、イエナはSCHOTT ArchivesとSCHOTT Villa博物館があり、無料でご訪問いただけます。

提供するサービス

市場と用途

SCHOTT Technical Glass Solutionsは、イエナに拠点を置き、高安定性と耐熱性を備えた特殊ガラス製品を専門としています。 結果として得られるポートフォリオには、建築用途の火災および安全性ガラス、光学フィルターおよびレンズ用のガラス基板、医療分野における診断ツール用の基板、半導体技術におけるウエハー製造用のガラス、工業プラント向けのコンポーネント、および家庭用電子機器市場向けのフロレーションドリチウムアルミノケイ酸塩およびアルミノケイ酸塩ガラスなど、幅広い用途に最適なフロートおよび圧延ホウケイ酸塩ガラスが含まれます。

特殊ガラスの溶融

製品一覧へ

BOROFLOAT®は、世界初のフロートホウケイ酸ガラスとして、新しい業界標準を打ち立てました。 幅広い厚さが用意されており、その卓越した透明度、機械的強度、耐熱性および耐化学薬品性により、要求の厳しい幅広い用途に適しています。 圧延ホウケイ酸ガラスSUPREMAX®は、より厚い厚さでも同様の利点を提供します。

PYRAN®、PYRANOVA®およびPYRAN® Platinumは、耐火窓ガラスソリューションのマーケットリーダーでもあり、Xensation® Up.カバーガラスは、モバイル電子機器の新しい基準となっています。 さらに、NEXTERION®は科学研究と診断において、クリーンでコーティングされた基板の頼りになるブランドです。

BOROFLOAT

当社拠点

SCHOTT AG - イエナ
Otto-Schott-Straße 13
07745 Jena, Germany

地域について

ドイツでも有数の革新的都市

ザール渓谷に位置するイエナは、1818年には、伝説の詩人で劇作家のヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテが「私が長年知っている中で最も美しい」と評した場所です。 しかし、1884年にカール・ツァイス、エルンスト・アッベ、オットー・ショットがSCHOTT AGを設立した後、この都市は光学産業の重要なセンターとして知られるようになりました。

1558年に設立されたフリードリッヒ・シラー大学は、多数の研究所や研究機関と共にイエナに位置し、ドイツのイノベーションの重要な拠点の一つとなっています。

イエナ

雇用機会

SCHOTTイエナで現在募集中の職種を全て確認し、Job Boardで検索をカスタマイズしてください。

詳しく読む

お問い合わせ

SCHOTT Jena と私たちの仕事の詳細については、お問い合わせフォームにご記入ください。

お問い合わせ