Glass tubing surrounded by interconnecting white lines

perfeXion® - 欠陥ゼロへのアプローチ

ガラス容器の場合、信頼性の高い性能を維持するには、一貫したガラスの寸法、公差、品質が不可欠です。 受賞歴のあるSCHOTT の perfeXion® は、個々の FIOLAX® ガラス管の 100 % 検査を提供し、最先端の検査技術と統合されたデータ収集および分析を結びつけています。

ハイエンドの高品質加工


従来、ガラス管の品質管理はランダムなサンプル評価に基づいて実施されていますが、 SCHOTT perfeXion® は 21 世紀へのプロセスをもたらします。 PerfeXion® は、ランダムなサンプルだけでなく、すべてのガラス管の正確なモニタリングを提供します。

ガラス管が生産ラインを流れるにつれて、カメラは管の直径、肉厚、エアラィンなどのパラメータや欠陥を測定します。 単一ガラス管の部分が完璧でない場合、不合格になります。 またデータ管理システムはデータの収集と分析を行い、カスタマイズを可能にします。 その結果、欠陥が少なくなり、外観品質が良くなり、性能が向上します。
ゼロ欠陥へのアプローチ - パーフェクション® 品質プロセス

インテリジェントな評価

バイアルのクリンプネックやコーンまたはシリンジのフランジなど、幾何学的に重要な容器セクションの場合、最初のガラス管の肉厚が一定であるなどの要因により、より正確な熱間成形プロセスが容易になります。 元のガラス管の厳密な内径公差も重要です。これは、一定の滑り力を確保し、投薬の精度を向上させるためです。特に、マルチドーズ機器における高濃度の注入物質の場合、重要です。
バリューチェーンの最後にある充填済み医薬容器の目視検査と並行して、個々のガラス管の全長にわたるシームレスな外観検査により、カメラ制御の一次包装生産における歩留まりの低下を抑制します。 カートリッジとプレフィルドシリンジの場合、元のガラス管内側のオープンエアラインの検出と選別は、バイパス効果を防ぐことにより、コンテナの閉鎖の完全性向上に貢献します。
ガラス管の製造プロセス中に、オンラインのプロセス品質および製品品質のデータがリアルタイムで収集され、業界標準のデータ管理システム(PIデータベース)に送信されます。 このデータの深みが非常に増すことにより、統計的認証データの計算が容易になります。 初めて、単一ガラス管データを使用してガラス管の製造プロセスを制御および安定化することで、下流の後処理ステップをガラス管の品質に効率的に合わせることができます。  

受賞歴のあるイノベーション

SCHOTT perfeXion® は、2016年のトップ 15 イノベーションの 1 つとして、医薬品メーカーイノベーションアワードを受賞しました。 一年で最もエキサイティングな医薬品開発および製造技術を称えるこの賞の審査員は次のように述べました。 「シリンジやその他の主要医薬品パッケージの品質は重要です。このプロセスは、業界ではよく見られるガラスに関連する品質問題の防止に役立ちます」

もっと読む

ご興味をお持ちですか? お気軽にご連絡ください。

プロジェクトに関するより詳細な情報、サンプル、見積もり、アドバイスがご必要な場合、私が喜んで対応させていただきます。

お問い合わせ
Dr. Folker Steden, Director Product Management & Scientic Services, at SCHOTT
フォルカー・ステーデン博士

製品マネジメント&サイエンティフィックサービスディレクター