レーザー材料およびコンポーネンツ

ショットのレーザー材料およびコンポーネンツはダイオード、ソリッドステートおよびガスレーザーに適しており、さまざまな波長およびパルス長をカバーしています。 いずれの場合も、レーザー要件に適したさまざまな特性を備えた最高品質のコンポーネンツを提供するというショットの評価を反映しています。

広範囲のレーザーに対応した幅広い特性

高放射断面積

弊社のLG-940、LG-950、LG-960は、レーザー測距と医療用レーザーに適した超低dn/dT、良好な熱特性、非常に高い放射断面積を備えたer-ybドープリン酸塩ガラスです。

高均質性

ショットは、材料加工レーザーシステムへの適合性を向上させる、並外れた光学品質と均質性を備えたジグザグスラブと大径レーザーロッドを製造しています。

卓越した熱機械特性

APG-760は、高速繰り返し率を備えたレーザーシステムに最適な熱機械特性を向上させる非常に高度なレーザーガラスです。

カスタマイズされたソリューション

ショットはお客様の要求に完全に一致した製品を高いLIDTを備えた高反射または反射防止コーティングを用いてカスタマイズする事が出来ます

アクティブレーザーガラス

ショットは、リン酸塩とケイ酸塩のベース組成を持つアクティブレーザーガラスを提供しています。

ケイ酸塩ベースのレーザーガラス

LG-680は、高い断面積、高い紫外線透過率、およびソラリゼーションに対する高い耐性を備えた典型的なレーザーガラスです。 このガラスは、高速繰り返しソリッドステートレーザーシステムで一般的に使用されます。高エネルギーソリッドステートレーザー業界のニーズを満たすために

高エネルギー用途に適した高リン酸塩ベースのレーザーガラス

LG-750、LG-760、LG-770が開発されました。 全ての3つのガラスは、高いレーザー断面、低い非線形屈折率、および熱特性を持っています。 全てが、金属プラチナ粒子やレーザー損傷を受ける可能性のあるその他の介在物を含まない形状で用意されています。

高出力および超短パルス用途向けのリン酸塩ベースのレーザーガラス

APG-1は、高平均出力用途において望ましい熱機械特性が強化されたリン酸塩ガラスです。 これらの材料の広範な放射帯域幅は、フェムト秒レジームレーザーシステムにおいて利用されております。 より低いゲイン断面積と長い低濃度放出寿命により、このガラスは、増幅された誘導放出によって制限されるアプリケーション、および/またはダイオードレーザーによる励起を目的としたアプリケーションで興味深いものになっています。

1.00 μmの高出力アプリケーション用のリン酸塩レーザーガラス

APG-760は、熱機械的特性が向上した次世代の最新レーザーガラスです。 高い繰り返し率を持つレーザーシステムにおける能動物質として使用されることが推奨されています。

1.5 μm放出用の「目に安全な」リン酸塩レーザーガラス

LG-940、LG-950、LG-960は、フラッシュランプまたはダイオード励起のレーザーシステムでの使用に適したErとYbドープリン酸塩ガラスです。 dn / dTが非常に低く、熱特性が良好で、放射断面積が非常に高くなっています。 一般的な用途は、レーザー距離測定計および医療用レーザーです。

広帯域レーザーガラス

BLG-80は、パルス圧縮によるレーザーシステムで使用可能な非常に広い放出スペクトルを備えた、ネオジムイッテルビウムドープリン酸塩レーザーガラスです。 また、広い放出スペクトルにおいてレーザー放出波長の調整を可能としております。

 

LG-680 LG-750 LG-760 LG-770 APG-1 APG-760 BLG-80 LG-940 LG-950 LG-960
放出ピーク波長(nm) 1,060 1,054 1,054 1,053 1,054 1.54 1,055 1,533 1,533 1,534.3
放出幅(nm) 36 26 24 25 28 29.2 40.6 40 53 42.9
[μs]Rad放射寿命 τ 361 347 323 350 361 376 327 9,400 8,600 11.0
]2放出断面積 σem [10 –20 cm 2.5 3.7 4.5 3.9 3.4 3.2 該当なし 0.7 0.7 6.7
 
ピーク屈折率 n 1.560 1.516 1.508 1.500 1.526 1.5328 1.5491 1.522 1.515 1.544
非線形屈折率 n2 4.3 3.0 2.9 2.9 3.1 3.01 3.68 3.5 3.4 3.6
/K]–6dn/dTrel. (1060 nm 20 ° – 40 °C) [10 2.9 -5.1 -6.8 -4.7 1.2 1.9 -3.8 -3.6 - -
 
密度ρ [g/cm3] 2.54 2.83 2.60 2.59 2.63 2.70 2.93 3.04 2.92 3.14
熱伝導率 λ25 °C [W/(m ・ K)] 1.19 0.49 0.57 0.57 0.78 0.76 0.53 0.51 0.63 0.65
熱膨張 α(+20/+300 °C) [10–6/K] 10.18 13.01 15.04 13.36 9.96 8.9 13.1 11.96 12.90 10.0
 
高エネルギー用途
高出力/超短パルス
目に安全
医療/化粧品用途
材料加工
距離測定
LIDAR
分析

レーザーキャビティーフィルターガラス S7000、S7005およびS7010N

ショットは、以下の3種類のレーザーキャビティーフィルターガラスを製造しています。 S7000、S7005、およびS7010N 

S7000は、レーザーキャビティー材料として使用できる透明セリウムドープガラスです。 また、カットオフ材料としても使用できます。 

S7005は、酸化サマリウム(Sm2O3)を5%ドープしたレーザーキャビティー材料で、通常6mm以上の厚いチューブ壁に使用されます。

S7010Nは、酸化サマリウムを10%ドーピングしたレーザーキャビティー材料です。 このガラスは、ほとんどの用途に推奨されます。 

ショットはこれらの商用ケイ酸塩フィルターガラスの完全な製品ラインを提供し、特定用途に適した完全なドーピングレベルを生産することができます。

 

仕様については、ダウンロードセクションの弊社の「レーザーキャビティーフローチューブおよびフィルターガラスのデータシート」をご確認ください。

 

レーザーキャビティーフィルターガラス

*このグラフは、ダウンロードセクションの「レーザーキャビティーフローチューブおよびフィルターガラスのデータシート」からも入手できます。

 

機械的特性

アクティブレーザーガラスは、お客様の仕様に従って製造されたロッド、スラブ、ディスクなど、完成したコンポーネンツとして提供されます。

弊社のレーザーコンポーネンツの仕様と一般的な値については、ダウンロードセクションの「レーザーキャビティーフローチューブおよびフィルターガラスのデータシート」と「超高精度と長寿命レーザーガラスコンポーネンツ」をご確認ください。

エッジクラッディングガラス

エッジクラッディングガラスは、自発放出および増幅された自発放出からの光を吸収するためのアクティブレーザー材料として使用されます。 これらの影響はレーザー効率を低下させ、活物質に損傷を与える可能性があります。

仕様については、ダウンロードセクションの「エッジクラッディングガラスのデータシート」をご確認ください。

 
弊社は、高品質のレーザーフィルターガラスで製造された、完全に完成したレーザーコンポーネンツを提供しています。 弊社は、お客様の用途の要件を完全に満たすように完全にカスタマイズされた設計を実現します。

品質

溶融の契約

ショットは、レーザーのお客様のニーズは利用可能なガラスに限定されていないことを認識しています。 このため、ショットは契約に基づいたカスタム試験溶融プログラムを管理しています。 こうすることで、ショットは光学、物理、レーザー特性の特性評価に適したガラスサンプルの他、小型光学部品やデバイスの製造にも対応し、ガラスに関する豊富な知識を活用することができます。 ショットは、ご要望に応じてお客様のガラス組成も製造いたします。

 

品質保証

品質管理は、統計的プロセス管理に加えて、完成部品の厳格な最終検査に基づいています。 ガラスの特性は溶融ごとに測定される他、弊社の測定機器には幅広い干渉計、顕微鏡干渉計、分光光度計、オートコリメーター、物理的特性試験システム、視覚システム、レーザー試験ベッドが含まれます。 

ご興味をお持ちですか? お気軽にご連絡ください。

プロジェクトに関するより詳細な情報、サンプル、見積もり、アドバイスがご必要な場合、私たちが喜んで対応させていただきます。

お問い合わせ
Man in glasses in business office on phone while working on laptop_605x350.jpg