レーザーマーキング

レーザーマーキングは、製薬業界にビッグデータ分析の新たな時代を切り開きます。 SCHOTT Smart Containerシステムはインダストリー4.0」を提供し、製造からエンドユーザーまで、個別の一次包装コンテナをトラック&トレースする能力を提供します。
レーザーマーキングとは

レーザーマーキング技術の特徴は何ですか ?

取り外せない恒久的にリンクされた一意のデータマトリクスコードは、医薬品の一次包装材にレーザー溶融され、容器とその内容物に関する一意の情報にリンクできます。 この技術を使用することで、混同のリスクが軽減され、リコールが迅速かつ簡単になり、ラインクリアランスが大幅に効率化されます。
Smart Container glass vial on its side with data matrix code on the bottom

シンプルで費用対効果が高く効率的

スマートコンテナを使用すると、システムの変更に対する投資を最小限に抑え、製造作業を大幅に合理化できます。 バイアルの底にはコードが印刷されているため、複数のカメラを設置したり回転させる必要はありません。また、容器を紛失した場合でも簡単に場所を特定できるため、ラインクリアランスがシンプルなプロセスになります。

Bottom view of a Smart Container glass vial with data matrix code

強力、化学的に安定、非研磨性

最高600℃までの洗浄、オートクレーブおよび除熱中、コードは安定したままです。摩耗にも耐性があり、コード適用のために追加の物質を必要とする溶液と比較して、粒子汚染のリスクを回避します。 低衝撃レーザー技術により、バイアルの強度も維持されます。

複数の動画

レーザーマーキングの詳細を理解する

ショット スマートコンテナ で混同のリスクを軽減します。
長所
機能

スマートトラック & トレースの仕組み

ショットの各スマートコンテナには独自の識別子がレーザーでマーキングされているため、個々のユニットを可能な限り細かいレベルで製造管理することができます。 この小さいデータマトリクスコードは、ガラス強度が維持され、コードが削除されないことを保証するレーザープロセスを通して適用されます。 充填および仕上げプロセス全体を通して安定した状態を維持します。 この方法により、各容器は生産ライン全体で追跡可能になり、不良判定管理、ラインクリアランス、目標とするリコールの改善が促進され、混同が減少し、凍結乾燥がより効率的になります。
容器ごとに医薬品製造の改善

容器ごとに医薬品製造の改善

SCHOTT Smart Containerには、1平方ミリメートルまたは14×14 ドットのデータマトリックスコードがマーキングされています。 ISO/IEC 16022 に準拠して開発されたマトリクスは、16桁または24桁の数字、または英数字で、複数の異なる数字を組み合わせることができます。

コードはレーザー溶融プロセスを介してガラスに適用され、最高600℃までのパ洗浄、オートクレーブ、パイロジェン除去により、充填および仕上げプロセス全体を通じて安定した状態を維持します。また消去できないため、個々のバイアルに恒久的にリンクされています。 その結果、生産ライン全体で個々の監視下に置かれた容器の大量生産が実現されます。

 

お客様の利点

  • コードはガラス製なので、新しい素材は使用されていません。 これにより、バリューチェーン全体の完全なトレーサビリティが実現します。
  • 優しいレーザー加工により、ガラスが破損するリスクはありません。  
  • 充填および仕上げプロセス全体にわたる温度および湿度に対する耐性。
  • 最小表示1000バイアル/分。  
  • パラレルシステムによる柔軟で安全なデータ管理。  

我々は認証を取得しております。

ショットは、メーカーとしてのお客様の要件を満たすために、厳しい規制指令に沿って幅広い高品質な製品とサービスを提供するグローバルサプライヤーです。 当社のスマートコンテナは、 ISO/IEC 16022国際規格に従って開発されています。

ご興味をお持ちですか? お気軽にご連絡ください。

プロジェクトに関するより詳細な情報、サンプル、見積もり、アドバイスがご必要な場合、私が喜んで対応させていただきます。

お問い合わせ
Man in glasses in business office on phone while working on laptop_605x350.jpg