Surgeons in an operating theater with robot

低侵襲手術

内視鏡手術、レーザー手術、ロボット手術は急速に発展し、長く複雑な手術を低侵襲で迅速な手術に変えています。 こうしたエキサイティングな領域の中心となるのは、光導体とガラスファイバーです。この光ファイバーは、外科医が必要とする場所に正確に強力な照明を提供します。

可視化、パフォーマンス、精度

正確で信頼性の高い光照射は、低侵襲手術において不可欠です。 小さいカメラや光ファイバー画像ガイドを使用して、身体の内部から画像をスクリーンに転送して、外科医に処置領域の完全な像を与えることができます。

可視波長の純白で均一な光は、非常に自然な色の印象で強力な照明を提供します。 この光は、ヒト組織の真の実生活を実現するため、長距離にわたって高い透過率を維持するガラスファイバーを介して供給されます。 

レーザー光線療法の台頭に伴い、可視光、近赤外光、紫外光のスペクトルから治療ポイントまでの正確な照射を必要とする多くのアプリケーションが整いました。
Doctor in white coat holding an endoscope
1/3

可視性の向上

内視鏡手術は、光吸収構造が充填された腹腔内で行われます。 視認性の高いスペクトルで明るい「自然な」白色光を提供するには、優れた視覚化を実現することが不可欠です。

Robot performing surgery in an operating theater
2/3

視覚化の強化

ロボット手術は、しばしば長距離をカバーし、遠隔地からの光は性能を下げることなく患者に届く必要があります。 NIRおよびUVスペクトルの光は、蛍光イメージングなどのアプリケーションで強化された視覚を提供します。

Diagram of a luminous diffuser treating a tumor inside the throat
3/3

高度なレーザー光線治療

腫瘍の治療から皮膚科まで、レーザー光線に基づく治療は患者の健康に重要な役割を果たします。 光線力学、光免疫療法そしてレーザー空間熱治療は、医療の新たな発展の最前線にあります。

照明とイメージングデザインの向上

照明システムのデザインは、画質に対する決定的な要因であり、外科医が人体を最も詳細に正確に観察することを可能にします。 SCHOTTは、新しい内視鏡、ロボット可視化光学機器、およびその他の携帯型医療機器を開発する際に、照明システムを画像化デバイスに適合させる重要性を完全に理解しています。

外科医にとって、スクリーン上でのアクションの高解像度の可視性は不可欠であり、体内に送達される非常に白色の均質な光によって提供される視認性が重要です。 SCHOTT PURAVIS® ガラスファイバーは、外部光源から患者に直接光を伝達するのに理想的であり、非常に自然な色で強力で正確な光を提供します。

SCHOTT® ルミナスディフューザーは、光に基づいた治療のために、正確なアクションポイントでの効率的で均一なレーザー光拡散に加えて、正確な熱管理を提供します。

最高の光透過性

ガラスファイバーPURAVIS® は、卓越した光透過率と長寿命性の利点により、幅広いアプリケーションに適した自由度の高い照明ソリューションを提供します。 受光角度が大きいため、より多くの光を取り込むことができます。分散が非常に低いため、色の均一性が高くなります。

最高の光透過性

SCHOTT PURAVIS® ガラスファイバーのバンドル

柔軟性と多様性

SCHOTTのフレキシブルライトガイドは、幅広い用途に対応する汎用性の高いオプションです。 ベーシックライトガイドは、光源とアプリケーションエリアを簡単に接続するための優れた選択肢です。複雑なライトガイドはより困難な要件に使用され、内部ライトガイドはファイバーバンドルの代わりに使用できます。

柔軟性と多様性

SCHOTTフレキシブルライトガイドのペア

均一で効率的

SCHOTT® ルミナス・ディフューザーは、近赤外線から可視光、紫外線まで、幅広い波長のレーザー光を透過するため、非常に再現性の高い光照射を実現します。 光放射における優れた均一性に加えて、80%を超える光学効率、信頼性の高い熱管理を提供します。

均一で効率的

SCHOTT® ルミナスディフューザーと赤色光のペア
Text Image Slider-06_monteris-medical

Monteris Medical: 低侵襲性神経外科手術におけるパラダイムシフト

Monteris Medicalの目標は、てんかんまたは脳腫瘍の罹患患者の生活を改善することに専念しているチームと共に、脳内で使用するための低侵襲性手術オプションを作り出すことです。 Richard Tycは、テクノロジーおよびアドバンストデベロップメント担当バイスプレジデントであり、創立以来、当社の開発に携わってきました。 頭蓋内治療の課題と、臨床エビデンスの重要性について説明します。
詳細情報
Text Image Slider-02_TeDan

TeDan Surgical Innovations: 外科用アクセスシステムを進化させる

TeDan Surgical Innovationsは、脊椎、神経、心臓胸部手術に特に焦点を当てた手術アクセスシステムの世界的リーダーです。 このインタビューでは、ビジネス開発担当ヴァイスプレジデントのエド・アストゥリアが、低侵襲手術における正確な手術アクセスの重要性、革新性に対する当社のアプローチ、多文化的観点から生じる利点について説明します。
詳細情報
Text Image Slider-01-gray optics

Gray Optics: 低侵襲外科手術のための光学イメージングの改善

Gray Opticsは、低侵襲外科手技、その他の重要な医用画像アプリケーションおよび産業用途向けの光学システム設計および製品開発を進めています。 このインタビューでは、創設者兼CEOのダン・グレイが、複雑な光学システムの設計、視覚化を強化するための照明の重要性、そして光学機器の若者をインスパイアするための情熱について説明します。
詳細情報
Text Image Slider-03_Trice Medical

Trice Medical: 侵襲性を最小限に抑えた整形外科診断の推進

Trice Medicalの使命は、診療所の手順に革新をもたらすことで、より迅速で確実な患者ケアを提供することです。 同社は、整形外科的診断を改善するために、完全に統合されたカメラ対応技術を開発しました。 CEO兼社長のマーク・フォスターが、患者ケアの将来、ユーザー体験の改善、光学と視覚化の役割に関する洞察を共有します。
詳細情報
Text Image Slider-04_Activ Surgical

Activ Surgical: 自律ロボットと従来の医療治療の組み合わせ

Activ Surgicalは、最高の結果を達成し、命を救うために、外科医にリアルタイムのインテリジェンスと視覚化を提供することで、手術に革命をもたらす使命に取り組んでいます。
詳細情報
Text Image Slider-05_titan medical

Titan Medical: シングルアクセスロボット手術のための革新的技術

Titan Medicalは、シングルアクセスロボット手術のための外科技術を設計・開発することを使命としています。 このインタビューでは、 Titan Medicalの研究開発部門のシニア・バイス・プレジデントであり、Titan Medical USAの社長であるペリー・ジェノバが、ロボット手術のイノベーション、没入型体験の視覚化の重要性、そして成功のためにすばらしいチームが必要な理由について説明します。
詳細情報
Text Image Slider-07_maxer endoscopy

マキサー・エンドスコピー (Maxer Endoscopy) 社 低侵襲手術のための画像処理システムの改善

ドイツのトゥットリンゲンで構成されている医療用内視鏡クラスターに属するマキサー・エンドスコピー (Maxer Endoscopy) 社は、低侵襲手術を専門としています。同社は、手術の成績を向上させるための新たな方法を継続的に研究しています。CEOのシャリッシュ・ジョシ氏が、蛍光イメージング技術の可能性、未来の手術を可能にする拡張現実、そして内視鏡検査のイノベーションに最高の光が必要な理由についての洞察を語ります。
詳細情報