Star of the TV Tower in Ashgabat, Turkmenistan

トルクメニスタンのテレビ塔

トルクメニスタン、アシガバート南部のコペトダグ山中にそびえ立つ、星型に輝くテレビ塔はすぐに目に入る壮大な建造物です。 とりわけ、ショットNARIMA®色彩効果ガラスを使用して構築されたガラスのファサードに光が差し込むと、その美しさに目を奪われます

背景

トルクメニスタンで最も高い記録的なテレビ塔は、旧ソ連からの独立20周年を記念して建設されたもので、急速な成長と生活の質の向上を遂げたトルクメニスタンの「黄金時代」を象徴しています。 提案された全高 211 m は、計画された披露年(2011年)に選ばれました。その焦点は、国家の象徴であるオグーツ・ハーンの巨大な八芒星で、建物から街灯、カーペットに至るまであらゆるデザインに組み込まれています。

夜間にライトアップされたトルクメニスタン、アシガバートのテレビ塔

課題

トルクメニスタン政府は、トルコの建築事務所Polimeks COEに、首都アシュガバートに建設する新テレビ塔の計画立案を依頼しました。政府は、旧ソ連から新たに独立して20周年を迎えたトルクメニスタンに世界の注目が集まるようなランドマークを作りたいと考えていました。 建造物は何マイルも離れたところから見えるばかりでなく、街や周囲の山々を見渡すことができることが必要でした。 また、高さ38 メートルのアンテナを中心に、テレビスタジオや放送施設を備えた最先端のメディアハブを構築されるなど、実用性も重視されました。

ソリューション

建築事務所の要望に応じ、八芒星のガラスファサードは、カスタマイズされた 「ブルー 」のNARIMA®ガラスで覆われました。 トルクメニスタンの国威発揚の象徴であるオグズハーンのシンボルを模したこの星の総面積は 3,240m2に及び、人工の星としては世界最大であることがギネスブックで認められています。 ショットは、この美しい外観のガラスを製造するために、 5,044.5 m2のNARIMA® ガラスを提供しました。

終日建物を照らし出すインスピレーションあふれる照明

構造物は、特定の色を反射し他の色を透過させるダイクロイックガラス、ショットNARIMA®のユニークな特性により、目を引くものとなっています。 この特性により、光の状態や照明の当て方によって、ゆっくりと変化する色効果が得られます。 ファサードには太陽光発電システムが設置されており、夜になると自然光がカラフルな光を放ち、見る人を楽しませてくれます。

多目的に使えるアート作品

テレビ塔は2011年10月17日、グルバングルィ・ベルディムハメドフ大統領によって正式にオープンしました。 高さ145mの回転式レストランからはパノラマビューが広がり、街や周辺の田園地帯を一望できます。 また、建物内には13のテレビ局が入居しており、ビジターズセンターやVIP施設も併設されています。 トルクメニスタンの人々のランドマーク、テレビ塔で、ショットのNARIMA®のファサードに映る色が昼間はゆっくりと変化し、夜には無数の色に輝き続けます。

使用マテリアルおよび類似製品

ダイクロイック合わせ安全ガラス、ショット NARIMA® は、記憶に残る視覚効果と幅広い強力な技術特性を組み合わせて、美しさと実用性を提供します。 ガラスはフィルムベースではなくディップコーティングされているため、紫外線安定性、堅牢性、耐湿性に優れ、コーティングは高い耐擦傷性を持ち、熱的・化学的安定性を備えています。 NARIMA®には、ブルーゴールド、ブルーグリーン、グリーン、メイグリーン、オレンジ、イエローの6色が用意されており、熱強化された安全ガラスとしてカスタマイズが可能です。

ユニークなプロジェクトのためのカスタマイズされたソリューション

テレビ塔の建設には3年を要し、ショットは主任建築事務所のPolimeks COEと密接に協力して、このランドマーク構造物のその他の多くのユニークな建築的特徴を補完するNARIMA®独自の「ブルー」の色を使った見事なガラスファサードを開発しました。

ガラス製造
ショット

建築事務所
Polimeks COE、トルコ

詳しい情報をお求めですか? お気軽にご連絡ください。

より詳しい情報、サンプル、お見積り、プロジェクトのアドバイスなど、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
Man in glasses in business office on phone while working on laptop_605x350.jpg