Camera crew recording interview at snowpark

ハイビジョンテレビの未来

革新的な 360 度ライブストリーミングは、すでにイベント、テレビ番組、コンサート、展示会、スポーツイベントなどでは成功を収めています。

360°ビューのライブ配信

雪に覆われたドイツのアルゲウ地方のアルプスで、パーティーが開催されました。 昨年1月、ヨーロッパのエリートを含む800人以上のスノーボーダーが、レッドブルの新しいストリート・スノーパークのグランドオープンに合わせ、ネッセルヴァングを訪れました。 会場にいない人々も、まるでその場にいるかのようにプログラム全体を楽しむことができました。 3つのステーションに設置された特殊なミラーカメラ構造によって、12時間以上のフルハイビジョン映像が360度のパノラマビューで記録されました。 ここで特筆すべきは、この映像が生中継ライブであり、ストリーミングを通してオンラインで閲覧できることでした。 専用アプリをダウンロードした人は、iPhoneやiPadでウィンタースポーツパークの様子を体験し、人差し指でカメラステーションを選択したり、ビューの方向を操作したりすることができます。

マイケル・カンナ氏の新たな開発により、ビジョンが現実のものとなりました。Videostream 360のマネージング・ディレクター、マイケル・カンナ氏は、「いつか、バーチャルなメガネをかけて360度の視点から世界を体験することに日が来る」ことを確信しています。 ドイツのライプツィヒに本社を置く同社の若手チームは、これを達成するまでのサクセスストーリーを記しています。 すべての始まりは、ライプツィヒ技術・ビジネス・文化大学(HTWK)でした。 2009年、創業者の一人がメディア情報工学の修士論文の一環として、特殊な形状のパノラマミラーを用いて得られた円形の360度動画を均等化する方法の原理を開発しました。 その後数年を経て、これがついにVideostream 360創設につながり、360度のビデオストリームをリアルタイムで伝送する会社および特許技術となりました。 この技術には、高額のマルチレンズカメラが必要で、その画像を長方形の写真に変換するという面倒な作業が必要だったため、従来は実現不可能でした。「ライプツィヒ特許情報センターからは、我々のようなシステムは世界に存在しないと言われました」とマイケル・カンナ氏は言います。
Videostream 360マネージングディレクター、マイケル・カンナ氏

写真提供: クリスチャン・ヒューラー

360カメラの一部の大型パノラマミラー

パノラマミラーは、カメラで記録された360度の動きのある映像を提供します。

Videostream 360マネージングディレクター、マイケル・カンナ氏
いつの日か、バーチャル眼鏡をかけて、360度の視点から世界を体験することができるようになるでしょう。

チャンスをつかむことが成功につながる

とはいえ、まだまだ乗り越えなければならない壁がありました。 例えば、ゴブレット型の凹面鏡アタッチメントとHDテレビカメラを組み合わせて、当初は非常に大きく、見栄えも悪く、失敗しやすい構造になっていました。 しかし、ハノーバーの見本市では、この巨大な革新的な製品が予想外の成功を収めたのです。 見本市に来ていたSCHOTTの元研修生が、興奮した様子で構造体を小型化して、特殊な反射防止ガラス管で保護することを提案したのです。「これが製品化への鍵となりました」とマイケル・カンナ氏は強調します。

SCHOTTは、このプロジェクトに標準寸法のDURAN®ガラス管を提供しました。 この安定したホウケイ酸ガラスは、熱、温度変化、腐食に対して高い耐性があります。 特に、カメラのレンズや、画像情報を供給する非常に繊細なミラーを、傷や環境の影響から守ります。 革新的な ETCAR(Easy to Clean Anti Reflex)コーティングがガラス管に施されており、光の反射や汚れが目立ちにくくなっています。

ライブ配信の未来

プロ仕様のデジタルアクションミニカメラと組み合わせることで、新構造は屋内外での使用に成功しており、ドイツの科学テレビ番組「Galileo」をはじめ、コンサートやスポーツイベント、「CeBIT 2015」などの展示会などでも活躍しています。 また、この技術の最大の魅力は、インタラクティブなビデオプレーヤーの操作が簡単で、ウェブサイトに埋め込んだり、モバイルアプリとして利用できる点にあります。「360度ライブストリーミングは、あらゆるライブ配信の将来のスタンダードになると考えていますが、それだけではありません。 プロセスモニタリングやスマートホームの分野でもプロジェクトを計画しています」とマイケル・カンナ氏は締めくくります。

DURAN®はDWK Life Sciences GmbHの登録商標です。

使用マテリアルおよび類似製品

DURAN® ホウケイ酸ガラスは、ショットのポートフォリオで最も古く、最も汎用性の高い材料の 1 つです。 1897年にオットー・ショットによって発明されたこのガラスは、高い光学品質、厳しい幾何学的公差、強力な耐薬品性と耐熱性、幅広い寸法での加工が可能であることから、実験室用ガラス製品のほか、工業用や建築用の多くの用途で重要な役割を果たしています。

詳しい情報をお求めですか? お気軽にご連絡を

より詳しい情報、サンプル、見積り、プロジェクトのアドバイスなど、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
Man in glasses in business office on phone while working on laptop_605x350.jpg