Exterior of the Schocken department store in Chemnitz, Germany

ショッケン百貨店

1930年に建てられたドイツのケムニッツにある視覚的に印象的な ショッケン百貨店は、2001年に美術館に改装されました。 このためには広範な改修が必要でした。歴史的に忠実で、太陽光防護と断熱機能を備えたガラスを採用し屋外の窓のガラスを入れ替える必要があります。

背景

1930年にドイツ東部のケムニッツ市で初めて建設された 9 階建てのデパートは、モダニスト建築家のエーリヒ・メンデルゾーン氏が手がけた最高の業績の 1 つです。 それらの窓は特に目を惹くものであり、ガラス窓バンドが曲線構造の周りに伸びています。 2011年から 2014年にかけて、百貨店はザクソニー州考古学博物館に改装されました。それは、目印になるランドマークの記憶すべきな外観を保ちながら、ガラスの特徴が新しい建物にどのようなメリットをもたらすかを再考する必要がありました。
ドイツ、ケムニッツにある ショッケン百貨店の夜景

タスク

計画された美術館の敷地は、最も印象的であることを示すために自然光が制御された大型のアーティファクトを設置するように設計されています。 これはメンデルソの建築的ビジョンの元来の審美的スタイルに特に注意を払い、窓が建物の機能性に重要な役割を果たすことを意味しています。 現代のエネルギー効率基準に厳密に準拠しながら、太陽光保護と断熱機能も対応する必要がありました。

ソリューション

ショット TIKANA® 修復用ガラスを使用して、建物の前面の象徴的な窓バンドには時代に忠実なガラスを施しました。 伝統的なフルコール法を使用して機械成形されるこの無色のガラスは、不規則な表面や薄さの点から歴史的なガラスによく似ているだけではなく、91% の光透過率と 100% のカラーレンダリングという高い透明度を実現しています。 内側では、エネルギー効率を高めるために、TIKANA® を使用した複層ガラスが、側面階段の単板ガラスと取り替えられました。
Day view of the Schocken department store in Chemnitz, Germany
1/3

新しい窓ガラスは太陽光保防および、護断熱機能を提供することが必要でした

Interior of the Schocken department store in Chemnitz, Germany
2/3

これらの窓が歴史的に重要な建物に建築の鍵となります

Aerial nighttime view of the Schocken department store in Chemnitz, Germany
3/3

TIKANA® ガラスは、高い透明性と時代の真実性で選ばれました

内側と外側の強力な断熱性

建物の高い断熱性を実現するために、 TIKANA® ガラスはマットサンドブラストと TIKANA® の窓ガラスの間に 8 mm 厚の空間とクリプトンを充填したフロートガラスを設けてカスタマイズされました。 アルゴンを充填した防犯用合わせガラスが、脆弱なエリアのフロートガラスと取り替えられました。 美術館の貴重なアーティファクトも有害な紫外線でさらされる可能性があるため、屋外の窓ガラスはソーラーコーティングを施し展示される資産を保護します。

建築の奇蹟

改装された内部に機能的な利点をもたらしましたが、2014年5月にオープンされた際には、この美術館の屋外を見たは来館者は驚きました。 公衆と業界へ共に感銘を与えました。 雑誌「Architectural Record」(建築記録)のメアリー・ペプチンスキーは次のようにコメントしていました: 「最近に復元された 20 世紀初期のランドマークを出会うことは、それに精通している人々にとっても、新発見となるでしょう。 連窓と石灰岩の窓小間を備えた、復元された曲線状の正面は、完全にガラスを敷いた床の上に浮いているように見え、この中央ドイツの都市のにぎやかな交差点へ目立つの背景を形成します。」
ウーヴェ・R・ブルックナー教授、Atelier Bruckner Design
キュレーター、建築家、舞台美術家の間の、希少な成功した協力により、模範的な結果が得られました。

使用された材料と類似の製品

ショット TIKANA® は、薄板 (最小 4 mm) であり、わずかに不規則な表面により、その時代の窓ガラスを再現する修復用プロジェクトに最適です。 優れた透明度、紫外線保護のオプションや、フロートガラスとの組み合わせで複層ガラスにできる可能性は、その他の利点です。
ザビン・フォン・ショルレマー、サクソン州の科学・芸術大臣
美術館は、文化の土地であるサクソンを強化します;ケムニッツは、ドレスデンにある国立芸術品収集として同じリーグで演じる美術館を取得しています。

ドイツ建築、チーム連携での勝利

この複雑なプロジェクトは、幾らかの専門会社との緊密な協力によって達成されました。 20 世紀の最も重要な建築家の 1 つであるエーリヒ・メンデルゾーンのビジョンを生かし、ショット は、ガラスエンジニアリング会社、ガラス加工会社と連携をとり、1 つの広範な建築家のチームとして、現在ドイツのトップ建築アトラクションの1つである建物に貢献しました。

ガラス製造
ショット

ガラス構造エンジニア
Glasfaktor Ingenieure GmbH, ドレスデン

ガラス加工
Flachglas Sachsen GmbH、グリンマ

建築家
ARGE Kaufhaus Schocken
Auer+Weber+Assoziierte
Knerer und lang Architekten GmbH

詳しい情報をお求めですか? お気軽にご連絡ください。

より詳しい情報、サンプル、お見積り、プロジェクトのアドバイスなど、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
Man in glasses in business office on phone while working on laptop_605x350.jpg