Spires and towers of Cologne Cathedral with blue sky

ケルン大聖堂

ケルン大聖堂には多くの印象的な特徴がありますが、そのステンドグラス窓は世界で最も古く洗練されているものの一つです。 しかしながら、何世紀にもわたり自然の力に晒されてきたため、それらを修復し将来にわたって保護するために修復用ガラスが必要でした。 SCHOTT AMIRAN® Heritage Protectが課題解決に貢献しました。

背景

壮大なゴシック建築様式のケルン大聖堂の特徴の一つが、ステンドグラス窓です。その幾つかは、13世紀にまで遡ります。 壮観な装飾に加え、イラストレーションと装飾的な画像は、聖書の物語を伝える宗教的な象徴として機能しています。 実際的には、窓が(建設当時、世界で最も高かった)巨大な構造物に光を採り入れ、自然の力から保護します。 しかしながら、中世のガラスに共通問題である水の堆積物と大気中の毒素付着によって、窓の透明度は徐々に低下します。

ケルン大聖堂のステンドグラス窓と石造物
ケルン大聖堂のステンドグラス窓の幾つかは、13世紀にまで遡る

課題

オリジナルのステンドガラスがもつ唯一無二の美しさを維持するには、外側の保護ガラスが不可欠です。 保護ガラスは空気循環を可能にするためにオリジナルのステンドガラスを数センチ離した状態で取り付けることにより、外圧と衝撃から繊細な元ガラスを保護します。 しかしながら、1980年に大聖堂の周囲に設置された保護フロートガラスは、反射によってオリジナルのステンドグラスの模様と鮮明な色を見えにくくするという短所がありました。 フロートガラスが持つ保護品質を維持しながらこの問題に対処する必要がありました。

ソリューション

大聖堂の窓の多くは高所にあるため訪問者は急角度で見上げる事になります(例えば、上部の合唱隊の窓は17メートルの高さがあり、地上から27メートルの位置にあります)。その場合、一般的な反射防止ガラスに特有の残留反射を感じる可能性があります。 そのため、グリューネンプランにおけるSCHOTTの専門家は、異なる厚さと屈折率の層に特徴付けられるカスタマイズされた薄膜コーティングを開発しました。 その成果が、見る角度に関係なく強力な反射防止性能を特徴とすのが新製品、SCHOTT AMIRAN® Heritage Protectです。

Long shot of Cologne Cathedral with stone towers and spires
1/4

かつて、ケルン大聖堂は世界でも最も高い構造物でした

Close up of stained glass window and flying buttress of Cologne Cathedral
2/4

ケルン大聖堂のステンドグラス窓は、大気から常に保護することが必要です

Series of flying buttresses and roofs of Cologne Cathedral
3/4

ケルン大聖堂は欧州で最も洗練された幾つかの石造物の特徴を持っています

SCHOTT AMIRAN® Heritage Protect glass offers strong protection and anti-reflective views
4/4

ステンドグラス窓のクローズアップとケルン大聖堂の保護ガラス

唯一無二のプロジェクトのための新製品ガラス

ケルン大聖堂で使用されているSCHOTT AMIRAN® Heritage Protectガラスは、異なる厚さと技術特性を備えた反射防止コーティング層の複雑なシステムを使用して加工されています。 これらの層は、光反射を防止し、鋭角でも演色性を維持するように特別に設計されています。 何世紀も前のオリジナルステンドグラスの色と細部の印象的な眺望を実現するために光学的な干渉コーティングを慎重に組み合わせることで、鋭角で見たときに経験する特有の色と光の反射を最小限に抑えています。

全ての角度から人の心をとらえる効果

大聖堂の主要な眺望場所の一つが、近くのロンカリッツプラッツにあり、壮大な窓へ45度の眺望となります。 従来のフロートガラスを通して見た場合、空からの反射、周囲、大聖堂の付属設備が眺望を大幅に遮り、一般的な反射防止ガラスでも、特有の色反射効果は依然として気になる要因です。 2018年にSCHOTT AMIRAN® Heritage Protectパネルが設置されたとき、こうした妨害はなくなりました。

使用されている材料&類似製品

SCHOTT AMIRAN® Heritage Protectは、歴史的建造物、建築的な細部、貴重な芸術品の保護のために特別に設計されています。 極めて高い光透過率と最小限(1%)の可視反射率による利点を備えたガラスは、天候、紫外線、機械的ストレス、衝撃から保護しながら、鋭角からでも優れた視認性を確保します。

熟練した職人との連携

このような貴重なガラスを使用した重要な建造物の作業には、高いレベルの経験と技能が必要です。 SCHOTTの修復用ガラスの専門家は、ケルンのGlaswerkstatt der Dombauhütte Kölnの職人と協力して、完成当時の壮麗な窓へと修復しました。これらの窓は今後長年にわたり鮮やかで生き生きとした状態を維持します。


ガラス製造
SCHOTT

設置
Glaswerkstatt der Dombauhütte Köln

詳しい情報をお求めですか? お気軽にご連絡ください。

より詳しい情報、サンプル、お見積り、プロジェクトのアドバイスなど、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
Man in glasses in business office on phone while working on laptop_605x350.jpg