Airport Media Column in Frankfurt Airport Center

空港用メディアコラム、ドイツ

フランクフルト空港センター(FAC)は多忙なオフィスや会議であり、旅行者が移動中も情報を表示できる複雑なディスプレイを必要としていました。 ショット MIRONA®ガラスを使用したナビゲーションシステムは、堅牢なセキュリティと衝撃保護を提供しながら、建物の洗練されたデザインを補完しました。

背景

フランクフルト空港センター(FAC)は、世界有数の交通ハブ内にある専用事務所と会議スペースであり、来訪者、従業員、および代表者が毎日ドアを通り抜けて移動しています。 しかし、提供されている複雑で多様な多くのサービスの規模は、訪問者の多くは他の国や地域から集まり、方向が簡単に分からなくなることを意味しています。 効率的で洗練されたナビゲーションシステムが求められ、審美的にも実用的にもFACの大規模な改修に溶け込みました。 ショットのMIRONA®ガラスディスプレイは、これを達成する上で重要な役割を果たします。

フランクフルト空港センターの大型ブラック情報ディスプレイ

課題

FACは、新しいナビゲーションシステムが、建物のさまざまな地点に設置された、複数の要素で構成されていることを望んでいました。 最も重要なことは、他の4つのディスプレイが壁に取り付けられた、中央に位置する独立した情報ターミナルです。 目を引くユニークなデザインは、特に中心ターミナルにとって不可欠でした。これにより、利用者にすばやく通知され、指示するようになりました。 頑丈な設計は、もう一つの必要な要素でした。空港の一部であることは、ディスプレイを通過する人数が非常に多いことを意味し、スーツケースやその他の衝撃によるダメージのリスクも相当高いものでした。

ソリューション

主な情報ターミナルで合意された設計は、大きなガラスキューブでした。 これは、それ自体が堂々としてエレガントに見えますが、マルチメディアの要素も表示します。 ショットの独自の半透明MIRONA®ガラスは、画像とテキストを表示するように選択され、モニター面とエッジは目に見えないため、画像は表面に「浮いている」ように見え、技術的な内部構造はガラス表面の後ろに隠されたままです。 MIRONA®の優れた機械的耐性により、効果的でありながらも目に見えない衝撃保護が実現されました。
フランクフルト空港センターの壁に設置された空港用メディアコラム

革新的な「インテリジェント」ガラス

ショット MIRONA®は周囲に反応するため、しばしば「インテリジェント」ガラスと呼ばれています。 ガラスの後ろのスペースが暗くなったとき、 MIRONA®は前方の多くの光を反射します。 ただし、後ろからの光はそれを透明ウィンドウに変え、テキストと画像をガラス上に表示できるようにします。 これは、ショットの高度なゾルゲル浸漬プロセス、金属酸化物溶液へのガラスの浸漬、干渉層の燃焼、ガラス上の放射線挙動の変化によって可能になりました。

印象的かつ効果的

フランクフルト空港センターのメディアコラムは、堂々とした大きさと中心的な位置だけでなく、通信の性質からも注目を集めています。 ガラスの表面とエッジは事実上目に見えないため、特定の光の条件によりガラスは透明になり、テキストと画像は立方体の表面の真下に「浮いている」ように見えます。 ガラスはほとんど見えませんが、実際は厚く、耐衝撃性があり、摩耗や傷に強く、手入れも簡単なため、主要な交通ハブの絶え間ない喧噪や賑わいに理想的です。

使用した材料および類似製品

ショット MIRONA®は、世界中のマルチメディアスクリーンとインテリアデザインで幅広く使用されており、慎重に向けられた光を使用して反射ガラスから透過窓にで切り替えることができます。 その独自の特性は、仕様化された透過と反射の両方を提供する光干渉層を生成する独自の処理技術によるものです。 その他の特性には、摩耗や化学薬品に対する高い耐性、柔軟性、清掃しやすさなどがあります。

詳しい情報をお求めですか? お気軽にご連絡ください。

より詳しい情報、サンプル、お見積り、プロジェクトのアドバイスなど、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
Man in glasses in business office on phone while working on laptop_605x350.jpg