Aerial shot of the SCHOTT plant at Lukácsháza, Hungary

SCHOTTルカーチャザ

欧州におけるSCHOTTの重要な事業拠点の一つが、ハンガリーの都市ルカーチャザにあります。 1993年以来、同都市は医薬品パッケージの生産で中心的な役割を果たしており、SCHOTTが世界的なガラス技術の最前線に位置し続けるために成長し続けています。

SCHOTTにとって卓越性の鍵となる欧州中心地

SCHOTTが1993年にルカーチャザで事業を確立したとき、それは医薬品パッケージング製造の中心拠点を開発するきっかけとなりました。 アンプルとバイアルの製造は1995年に始まり、最先端の生産機械が設置され、2002年にカートリッジの製造が始まりました。 施設が継続的に更新、開発されるにつれて、その敷地は26,000平方メートルまで広がりました。 今日、ルカーチャザは、アンプルにとっての卓越性のSCHOTTの欧州中心地であることを誇りに思っています。

弊社が提供するサービス

市場と用途

1993年の設立以来、ルカーチャザ工場は、欧州で有数の医薬品パッケージングの中心地の一つとなっています。 この成長は、SCHOTTの代名詞である、業界をリードする製品品質への継続的な高需要により実現しています。 顧客にはハンガリーの顧客だけでなく、世界中の大手製薬会社も含まれています。

ここで製造されるアンプルとカートリッジは、幅広い用途に向けた最高品質の医薬品パッケージで、糖尿病のインスリン治療から救急医療用のプレフィルドシリンジまで、多様な医薬品に使われる耐久性、耐薬性に優れた保護容器です。

医薬品用ガラスアンプルの生産ライン

製品

ルカーチャザでは、年間約22億個のバイアル(1~30ml)、アンプル(1~30ml)、カートリッジが生産されており、その一つ一つが品質管理のために厳格なプロセスを経ています。 成形後、製品は測定ラインを経て、張力を緩和する工程の後、拠点に隣接するパッケージング施設に到着します。ここでは、国際基準とSCHOTTのお客様の厳しい要求に応じて、外観的なコンプライアンスが実施されます。 パッケージング後、高度なカメラシステムを使用して、全ての生産ラインで重要な寸法の徹底的な検査が行われます。

2つの透明ガラスアンプル

当社拠点

SCHOTT Hungary Kft.
Otto Schott u. 1.
9724 Lukácsháza, Hungary

この地域について

重要な役割を担う地方の拠点

ルカーチャザ拠点は、オーストリア国境に近いハンガリー西端に位置しています。 丘陵地帯とブドウ園に囲まれている一見辺鄙な場所ですが、ソンバトヘイの北13 km、ケーセグの南7 kmに位置し、ジェンジェシ川と高速道路87号線に挟まれているため、交通の便が良好です。 この環境は、亜高山気候、澄んだ空気、美しい景色が特徴です。

ハンガリーのルカーチャザの中心にある銅像

新しいチャンス

SCHOTTルカーチャザで現在募集中の職種をすべて発見し、キャリアビルダーで検索をカスタマイズしてください。

詳しく読む

お問い合わせ

SCHOTT Lukècshèza と弊社の業務の詳細については、お問い合わせフォームに記入してください。

お問い合わせ