Entrance to the SCHOTT plant in Duryea, Pennsylvania, US

SCHOTT デュリエ

ペンシルバニアの小さな町にあるSCHOTTの工場は、全米各地の工場の中でも研究・技術・開発に関する中心的な役割を果たしています。 50年以上にわたって、世界のさまざまな市場に向けたSCHOTTの特殊材料や光学部品加工の生産拠点となっています。

小さな町での大きな成果

ペンシルバニア北東部にあるこの工場は、南北アメリカにおける SCHOTT の高度な光学製品の製造拠点です。 1969年以降、ここでは光学ガラス、光学フィルターをはじめ、SCHOTTの世界的に有名なZERODUR®ガラスセラミックの溶解・加工を行ってきました。 また、カルコゲナイドガラスなどの赤外線材料を製造・加工し、最終的にコーティングやダイヤモンドターンを施した部品を世界中の市場に提供しています。

デュリエは、レーザーガラスが開発された場所でもあります。レーザーガラスは、CERN(欧州合同原子核研究機構)や、核融合炉の点火技術を開発しているNIF(米国カリフォルニア州国立点火施設)など、世界的なプロジェクトで重要な役割を果たしている素材です。

SCHOTTが提供すること

市場と用途

デュリエで製造される製品は、多岐にわたっています。 この工場では、天文学、宇宙旅行、航空、センサー、照明、イメージング、ターゲティングシステム、レーザーレンジファインダー、デジタルプロジェクション、モバイルエレクトロニクス、スマートフォンカメラ、フラットパネルディスプレイ、マシンビジョン、高度医療のための内視鏡や顕微鏡など、多様な分野に部品を提供しています。

民間航空機のコックピット内部

製品

光学ガラス、赤外線材料、光学フィルターガラス、放射線を遮蔽する窓や基板、アクティブ/パッシブレーザー用ガラス、美術品や建築物に使用されるカスタマイズされたグレージングなど、デュリエで製造されている製品のポートフォリオは多岐にわたっています。 ZERODUR®ブランクもここで製造されており、天文学の研究プロジェクトや極めて高性能な望遠鏡の生産に非常に重要な役割を果たしています。

灰色のカルコゲナイドガラス製品

当社拠点

SCHOTT North America, Inc.
400 York Ave, Duryea
PA 18642, United States

地域について

操業半世紀を迎えるデュリエ工場

デュリエは、ニューヨークとフィラデルフィアの両方に車で簡単に行ける好立地にあり、ここから9マイル北にはアメリカのテレビシリーズ( The Office) の舞台となったスクラントン市があります。 2019年、デュリエ工場は50周年を迎えました。 SCHOTTのお客様の要望や課題に応え続ける姿勢が、このように長年にわたる操業を可能にしました。 50年間で、この工場は大量の溶解作業から高度な光学部品施設へと進化しました。

額装された証明書、肖像、文書
50周年

求人情報

SCHOTT デュリエの最新求人情報を確認し、ジョブボードで検索をカスタマイズしてください。

詳しく見る

お問い合わせ

SCHOTT Duryea と弊社の業務の詳細については、お問い合わせフォームにご記入ください。

お問い合わせ