医療用途

光は信号を送る機能を備えています。一方で、光は患者をホールや室内へと導き、機器を使用する医療スタッフに警告信号や安全信号を送ります。光ガラス・ファイバは、照明に使用されるだけでなく、重要な生体信号を伝達することもできます。

光は診断の精度をさらに向上させます。明るければ正確な診断が保証される、というものではありません。特殊なカラーレンダリング技術や、さまざまな波長を使用することで、異なる種類の組織構造が検出され、正確な診断が可能になります。小型化されたイメージガイドとライトガイド、LEDソリューションにより、医師はコーナー周辺を見たり、深いキャビティを詳細に観察したりすることができます。ショットは、必要な場所に明るさと解像度を正確に提供します。

効果的な治療としての光:治療は診断を基にすすめられます。ここでも、光は私たちを導きます。例えば、新生児の黄疸を治療するための光線療法や、うつ病や睡眠障害の治療に使用されている光線力学的療法や光線療法は、光での治療のごく一部に過ぎません。

ショットの幅広い製品ポートフォリオは、歯科デジタルX線手術臨床診断患者モニタリング内視鏡光線治療、および雰囲気照明などの分野で構成されています。
empty
お問い合わせ
contact-home.png
ショット日本株式会社
〒160-0004
東京都新宿区四谷4丁目16−3
日本国
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。