デジタルX線

テーパとフェースプレートは、医療用(歯科用など)イメージング分野で主に普及しています。ほとんどの医療用X線撮影では、テーパの大端を被覆したシンチレータ(ヨウ化セシウムなど)により、X線画像が可視光に変換されます。この可視光は、テーパで縮小された後、結合されている画像処理用デジタルチップに伝送・結合されます。

ショットはX線防護ガラスもご用意しております。厚みの薄い製品でも、不慮の事故によるX線被曝の防止策として極めて有効です。