VivoTag® トランスポンダーガラス

SCHOTT VivoTag®トランスポンダーガラスは、RFIDトランスポンダーデバイスの封止と保護に使用されています。ペットや家畜の識別や追跡のためのインプラント型トランスポンダーやボーラス型トランスポンダーが主なアプリケーションです。

 
生体適合ガラス
8625トランスポンダーガラスとしても知られているSCHOTT VivoTag®トランスポンダーガラスは、インプラント型RFIDアプリケーションにおいて、もっとも実績のある材料であり、数十年にもわたり家畜識別に使用されています。体内で科学的安定性に優れた不活性材料として、ガラス管は電子部品に要求される長期的な機能性を可能にします。
ショットの8625トランスポンダーガラスは、とりわけ動物アプリケーション(細胞毒性や血液適合性)向けに開発、試験され、優れた生体適合性を示しています。そのため、生体適合ガラスでは、皮下注射やインプラントの際の炎症反応、毒性または突然変異誘発性作用、アレルギー反応や感染症などの免疫反応は、ほとんどあるいはまったく見られません。

小型で優れた加工性
SCHOTT VivoTag®トランスポンダーガラスとは、ご要望の直径や長さに応じ精密に切断されたガラスバイアルです。ガラスバイアルの標準的な外径は1mm~4mmで、トランスポンダーの直径とRFID読取距離のバランスにより、サイズ選択が可能です。
一般的に、トランスポンダーガラスは一端が封止されており、もう一端は開放しています。開放部へはファイヤーポリッシュをすることも可能でRFIDデバイス挿入時のガラスによる傷を防ぎます。ガラス中の鉄含有率が高く赤外線吸収ガラスとして、例えばNd Yagレーザーなどによって封止することが可能です。
バッチ間の品質が安定した高精度なショットのガラスポンダ―を使用することで、製造における最適な加工性を実現できます。
 
RFID追跡と識別
動物の識別とは別に、VivoTag®トランスポンダーガラスは輸送物の追跡や自動車産業用などの技術分野でも使用されます。この用途においては、厳しい環境下でもRFIDトランスポンダーが確実に保護される必要があります。
 
見本市 & イベント
13.
March
展示会 OFC 2018, San Diego, CA, United States, 2018-03-13 - 03-15
17.
September
展示会 Gastech, Barcelona, España, 2018-09-17 - 09-20
13.
November
展示会 electronica, Munich, Deutschland, 2018-11-13 - 11-16
お問い合わせ
ショット日本株式会社
〒528-0034
滋賀県 甲賀市水口町日電3-1
日本国
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。