リードスイッチガラス

「リードスイッチガラス」と言う名称は、精密加工されたガラスチューブによってリードスイッチをガラス封止すると言う、その用途に由来しています。
SCHOTTの 8516 リードガラスチューブはリードスイッチのガラス封止のために特別に開発された特殊ガラス製品です。標準的なチューブの直径はちょうど1mm 以上から5mm 以上までの範囲となります。各お客様のご要望に応じて、ガラスチューブは精密に切断されます。切断部は、小型アプリケーション用に最短5mmまで抑えることが可能です。ガラス切断部の品質を確保するため、両縁には若干のファイアーポリッシュを施しています。
8516ガラスは赤外線吸収率の高さを保証するため鉄の含有量が高く、そのためガラスは緑色です。これにより、各お客様の工程において、火炎ではなく光源(例えば、Nd-Yag レーザーやタングステンハロゲンランプ)使用によるコンタミネーションフリー環境下でのガラス封着を可能にします。
見本市 & イベント
13.
March
展示会 OFC 2018, San Diego, CA, United States, 2018-03-13 - 03-15
17.
September
展示会 Gastech, Barcelona, España, 2018-09-17 - 09-20
13.
November
展示会 electronica, Munich, Deutschland, 2018-11-13 - 11-16
お問い合わせ
ショット日本株式会社
〒528-0034
滋賀県 甲賀市水口町日電3-1
日本国
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。