油圧センサー用ハーメチックシール

製品概要

エンジンは、シリンダーやピストンに絶えず潤滑油を供給するため、常に一定の油圧で動作する必要があります。この油の供給が止まると、エンジンは深刻なダメージを受けます。油圧センサーは、潤滑油系統の油圧を常時測定しており、このため、油の流れを最適なレベルに制御することができます。
ショットは、主にトランジスタアウトラインモデルをベースとして、潤滑油系統で使用するさまざまなセンサーハーメチックシールを受注生産しています。

特長

ガラスと金属の封止(GTMS)技術によるハーメチックシールは、製品寿命期間にわたり油、熱、ガス、振動に耐久性があり、センサーは最適なパフォーマンスが発揮されるように確実に密封されています。

用途

油圧センサーは油圧を一定に保つために必要であり、エンジン管理システムには不可欠な部品です。

仕様

技術

ショットのハーメチックシールは、個々のお客さまの仕様に従い、圧力グレージング技術で耐腐食性の高い材料を用いて製造されています。
ハーメチックシール部品の信頼できる気密性を確保するため、ガラスと金属の封止技術が使用されています。詳細については、こちらをご覧ください。

仕様

当社の製品はすべてお客様の注文に応じて作らせていただいております。詳しくは、当社営業担当者までお問い合わせください。

納品形態

どの製品も、個別に包装し、トレーで納品することが可能です。

品質

当社の気密端子は、すべてISOの品質保証であるISO 9001/14001を取得した弊社の工場で製造しています。詳細については、こちらをクリックしてください。
見本市 & イベント
30.
May
展示会 Materials, Veldhoven, Netherlands, 2018-05-30 - 05-31
26.
June
展示会 World Nuclear Exhibition, Paris, France, 2018-06-26 - 04-28
05.
September
展示会 CIOE - China International Optoelectronic Expo, Shenzhen, 中国, 2018-09-05 - 09-08
17.
September
展示会 Gastech, Barcelona, España, 2018-09-17 - 09-20
お問い合わせ
ショット日本株式会社
〒528-0034
滋賀県 甲賀市水口町日電3-1
日本国
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。