ポリマー材料と比べたホウケイ酸ガラス管の特徴と利点

システムのたるみ

  • ポリマーに比べてガラス管は弛みが起こりません。


射光性

  • 優れた射光性
  • ソラリゼーションやブローイング効果が起こりません。
  • 藻類をUVより保護のための添加剤やコーティングが必要ありません。
  • ホウケイ酸ガラス管は50年以上の耐用年数

防火

  • ガラスは燃焼せず、有害物質を生成しません。

溶出性

  • ガラスは耐化学に優れた素材です。プラスチック製チューブの場合は、ポリマーの種類やビスフェノール分子のような有害物資指定を受けたモノマーやオリゴマーによっては、ポリマーが藻類培地へ溶出する可能性があります。

洗浄性

  • 安定した機械特性がポリマー製ペレットによる継続的なインライン洗浄を可能にします。
  • 化学的安定性が定置洗浄(CIP = Cleaning in place)を可能にします。
  • 高品質のポリマー製チューブに比べて、材料コストとメンテナンスコストが低く抑えられます。
Borosilicate Glass
Borosilicate Glass
Polymer
Polymer

熱安定性

  • 低い熱膨張係数による伸縮ループを必要としません。
例えば、長さ5.5 mのガラス管の温度を20℃上げた場合、ガラスは0.36 mm膨張する一方で、ポリマーは3.3-8.8 mm膨張します。

コストセービング

  • ガラス管は耐用年数が50年以上を誇ります。
  • 高い機械的安定性によりラックの数を低減し、支点の距離を長く保つことが出来ます。例えばPMMA比べて一般的にガラスは2倍の距離を保つことが出来ます。
  • ガラス管のスタンダード品の長尺5.5 mにより、継手ジョイントの数を減らすことが出来ます。
Sagging of water filled tubes
水量による弛み (外径 65 mm、肉厚 2.2 mm、長さ 2.75 m) ガラスとポリマーの弛みはそれぞれ0.5 mm、8.6 mmです。ポリマー製チューブは1.5 m毎に支点が必要なのに対して、ガラス管では2.75 mで対応可能です。

水量による弛み

  • ポリマー管と対照的にガラス管は永久歪みが生じません。
見本市 & イベント
28.
September
展示会 The American Society of Plumbing Engineers (ASPE) Convention & Exhibition, Atlanta, Georgia, United States, 2018-09-28 - 10-03
17.
October
展示会 API China, Nanjing, Deutschland, 2018-10-17 - 10-19
04.
December
展示会 AlgaEurope, Amsterdam, Netherlands, 2018-12-04 - 12-06
お問い合わせ
SCHOTT Japan Corporation
〒160-0004
Tokyo 4 Chome-16-3, Yotsuya, Shinjuku-ku 9F
日本国
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。

Dear visitor,

we’d like to invite you to participate in our survey regarding the usability of our web presence. Your feedback is important to us and will help us to further improve our information offer.

Please take the opportunity to share your opinion with us. It will only take 5 min of your time.

Thank you very much!
Your SCHOTT Online Team