ガラスセラミック透過性:
SCHOTT NEXTREMA® 光学特性

可視範囲と赤外線範囲内における 6 つの独自の透過性

NEXTREMA® には素材のタイプによって、可視光域と赤外線域で 6 つの透過プロファイルがあります。また、NEXTREMA®の厚さを変えれば、さらに種類は広がります。エンジニアやデザイナーにとってNEXTREMA® は、光透過性および赤外線放射性能の点で選択肢となります。赤外線放射の的確な透過性により、このガラスセラミックは透過域全般に渡って効果を発揮します。例えば、赤外線ガラスラジエーター、ヒーター及びラジエントヒーターに使用されます。この未来の素材は、デザイナーやエンジニアのインスピレーションの源となり、革新的な製品の開発を促します。NEXTREMA®の6つのタイプはすべて、熱放射の透過性に優れています。このように、このユニークな光透過特殊ガラスは、工業製品および家庭用機器の信頼できるパートナーです。

光学特性の詳細は以下の通りです。
empty

透過性

透過率の値は、特定の厚さに研磨されたサンプルを用いて測定しています。
このグラフはそれぞれ個別に測定したデータを基にしています。製造工程により、誤差が生じる場合があります。
約 4 mm のサンプル厚さを持つ、異なるセラミックス化状態の典型的な透過性を示すグラフです。
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。