SCHOTT NEXTREMA®: 過酷な条件用に開発、デザインされたガラスセラミック

耐熱性、耐化学薬品性があり、機械的な強度とビジュアルな多様性を備えた工業用ガラスセラミック。


NEXTREMA® ガラスセラミックは、工業用特殊ガラスのメリットと高温素材の特性を合わせ持っています。NEXTREMA® は、新製品のアイデアソリューションです。フラットなものから成形品まで、薄いものから厚いものまで。NEXTREMA®は、形状や厚みによって異なる優れた素材特性を持っています。ショットのこの耐性ガラスセラミックの凄さは、耐熱衝撃性だけではありません。

工業全般および製品デザイン向けのテクニカルなガラスセラミック
 

国際的なテクノロジーグループであるショットは、魅力的な6タイプのNEXTREMA® ガラスセラミックを提供しています。異なる素材色によって、全く新しい革新的で多彩、そして頑強なデザインへの可能性を広げます。透明、半透明、又は不透明: デザイナーもエンジニアも、そして消費者も、それぞれのニーズにマッチした、好みのデザインに最も近い外観と透過度を選べます。NEXTREMA®は工業的な機能性に、まったく新しい外観と、強く残る印象を与えると言えるでしょう。

NEXTREMA®: ユニークな特性についての概要
  • 高温での弾力性: タイプによって最高 950 °Cまでの耐熱性。耐熱カスタムガラスセラミック: 高温プロセス用途に最適
  • 最高820 °Cまでの優れた耐熱衝撃性(NEXTREMA® タイプによる)
  • ほぼゼロの熱線膨張/熱膨張係数
  • DIN 12116、ISO 695、DIN ISO 719に準拠した、耐酸性、耐塩基性、耐腐食性を持つ特殊ガラス
  • 機械的弾力性: 最高 165 MPa の固有の機械強度 – 熱強化の必要なし
  • 全波長域に渡って、6つの独自の透過性をもつ赤外線のスペシャリスト
  • プロセス不活性: 前述の特性により、ガラスセラミックと必要とされる処理環境との間でネガティブな反応が生じない
  • 面積が大きいので創造性に制限がない: 最大 1950 mm x 1100 mm までの面積が可能
  • 様々な厚さにより応用分野が非常に広い: デザイナーやエンジニアは、2 mm から 6 mm までの素材の厚さを選べる(>6 mm は受注生産)
empty
2018-03-13, 東京

ショット、デジタルプロジェクター向けに新たなセラミックコンバーターを供給開始

~緑色 セラミックコンバーターで高輝度化を実現~
ドイツの特殊ガラスメーカー、ショット(SCHOTT AG, 本社:ドイツ・マインツ市、取締役会会長:Dr. フランク・ハインリヒト)は、デジタルプロジェクター向けに新たなセラミックコンバーターの供給を開始します。ショットは、日本を含め世界市場で黄色のセラミックコンバーターを提供していますが、今般、新たに開発した緑色製品の量産を始めました。日本市場では2018年の春より供給を開始します。

これら2色のセラミックコンバーターは、青色レーザー光源を黄色、または緑色の光に変換することができます。この光はカラーフィルターを通して、赤・緑・青の三原色に分けられ、デジタルプロジェクターで投影されます。

新しい緑色のセラミックコンバーターは、デジタルプロジェクター市場のニーズに応え、経年劣化が早い従来のランプ光源からレーザーダイオードやLED光源への転換を進め、画質と性能の向上を追及するデジタルプロジェクター産業に、包括的なソリューションを提供すべく開発されました。ショットのセラミックコンバーターは、学校や会議室、ホームシアター、そして映画館などで、高い品質で優れたコスト効率のデジタルプロジェクションを可能にします。

ショットは、緑色のセラミックコンバーターを、2018314日から16日に中国・上海で開催される電子部品とシステムの国際見本市「エレクトロニカ・チャイナ(electronica China)」(E5ホール、ブース番号:5766)にて、アジアで初めて公開します。

ショットは、この分野においてトップクラスの技術を有し、映画館やイベント向け業務用デジタルプロジェクターの主要メーカーに製品を提供しています。

新しい緑色の製品ラインナップを加え、ショットは、今日の主要なデジタルプロジェクター技術すべてに対応した材料ソリューションを提供できるようになりました。

デジタルプロジェクター技術は、LCD(透過型液晶方式)、DLP(デジタル・ライト・プロセッシング)、およびLCOS(反射型液晶素子)の3つが一般的です。そのうち、LCDは黄色セラミックコンバーターのみを使用しますが、DLPは黄色と緑色の両方を使用します。

ショットのセラミックコンバーターは、純粋な無機蛍光体材料で製造されているため、非常に高い熱安定性と優れた熱伝導性を有し、エネルギー効率が高い製品です。信頼性の高い優れた性能はレーザー光源の長寿命化を実現し、電球の交換をする必要がありません。そのため、TCO(総保有コスト)エネルギー費用を大幅に低減することができます。
これらの材料は、ドイツで半製品化された後、マレーシアのペナン工場にて最終加工されます。そして、卓越したドイツの製造技術と優れた加工ノウハウが統合されたバリューチェーンから、最新のデジタルプロジェクター技術の主要市場である日本、中国、台湾などに、迅速に提供されます。

デジタルプロジェクターの高輝度化に貢献する2色のセラミックコンバーターによって、ショットは日本での売上増と、さらに包括的なソリューションの提供をめざします。

中国の展示会では、デジタルプロジェクター向けのセラミックコンバーターのほか、孔開け加工済みガラスウエハーなどの革新的な製品も展示します。

セラミックコンバーターについての詳細はWeb
ページをご覧ください https://www.schott.com/advanced_optics/japanese/products/optical-materials/special-materials/ceramic-phosphor-converter.html

ショットについて

ショットは、特殊ガラスやガラスセラミックの分野をリードする国際的なテクノロジーグループ企業です。ショットは130年以上にわたり、優れた研究開発や素材と技術の専門知識をもとに、多岐にわたる高品質な製品とインテリジェントソリューションを提供しています。ショットは、家電、医薬品、エレクトロニクス、光学、自動車ならびに航空など、さまざまな産業にイノベーションをもたらします。ショットは製品を通じてすべての人びとの暮らしのなかに息づき、イノベーションと持続可能な成功の実現に努めています。また、ショットは世界33ヵ国に製造・販売拠点を設置し、グローバルに事業を展開しています。現在の従業員数は約15,000人で、2017年度の売上高は約20500万ユーロです。ショットグループの親会社であるショットAGは、ドイツ・マインツ市 に本社を置き、カールツァイス財団がその株式の100%を所有しています。財団所有企業であるショットは、従業員、社会、環境に対する社会的責任を重視しています。www.schott.com

ショット日本について
ショット日本株式会社は、ドイツに本社を置く国際的なテクノロジーグループ企業、ショットグループの100%子会社です。滋賀県の水口事業場と、東京の東京営業部に、合計約220人の従業員を擁しています。ショットの日本における歴史は古く、1966年には、ショットグループのアジア初の拠点として、東京に販売子会社が設立されました。結晶化ガラス、光学ガラス、 薄板ガラス、管ガラスなどショット製品の 日本市場での販売を担当しているほか、水口事業場では気密端子(ハーメチックシール)や温度ヒューズなどの電子部品を2000年より製造しており、電子デバイス、家庭用電化製品、自動車、オプトエレクトロニクスなどに使用されています。主要製品のひとつである、ショットのセラン®は、その耐熱性を評価され、1977 年以降、リンナイ株式会社の加熱調理機トップレートに採用されています。https://www.schott.com/japan/ 
Press contact
ショットグループ 広報代理
CNC Japan 村上・岸本
電話: 電話番号: 03-5156-0102 (村上) / 080-9705-6335 (岸本)
ファックス: FAX番号: 03-5156-0188
お問い合わせ先
ショット日本株式会社
電話: 電話番号: 03-5366-2491
ファックス: Fax番号: 03-5366-2481

アプリケーションのアイデア

schott nextrema future ideas
ガラスセラミックから完成品まで全般。NEXTREMA®はエンジニアやデザイナーたちに、開発とデザインに無限の可能性を提供します。
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。