患者モニタリング

光学ガラス・ファイバは、光を体に伝えるばかりでなく、組織に反射した光をセンサに導きます。血液中の酸素レベルなどのバイタル・サインは、高度なアルゴリズムによって計算可能です。

生体適合性のある被覆材料で被覆された軽量の光ファイバ・ケーブルは、複数のチャンネル使用時も、高い柔軟性で患者の快適性を向上させます。これにより、長期間のモニタリング中もセンサを患者に装着し続けることが可能で、健康と安全性を確実に保証できます。

金属を使わないケーブルと指クリップから常に送信される生体信号で、医療スタッフや医師は確実に患者の状態を把握できます。たとえMRIが使用されている間でも、検査中にセンサを患者から取り外す必要はありません。つまり、中断することなく、患者と医師の両方の安全を守ります。

このケーブルは、パルスオキシメトリ、またはショック・モニタリングの分野で使用されますが、光学トポグラフィにも使用されます。
empty
お問い合わせ
contact-home.png
ショット日本株式会社
〒160-0004
東京都新宿区四谷4丁目16−3
日本国
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。