デジタルX線

光ファイバ・テーパとフェースプレートは主に医療用および歯科用画像機器用途で使用されています。医療用X線撮影装置用途では、多くの場合、シンチレーション・コーティング (例えば、ヨウ化セシウム、CSI) がテーパーの大きな端部に堆積し、X線画像を可視光に変換します。次に、光は、テーパーを通して転送、縮小され、画像処理用デジタルチップに結合します。

また、ショットは、薄くて、非常に効果的に放射線の被曝から人体を保護するX線遮蔽ガラスを提供しています。
empty
お問い合わせ
contact-home.png
ショット日本株式会社
〒160-0004
東京都新宿区四谷4丁目16−3
日本国
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。