プレスリリース

検索を入力してください。:
 
07.
May
ショット、航空機向け読書灯と間接照明を日本で受注開始
ドイツの特殊ガラスメーカー、ショット(SCHOTT AG, 本社: ドイツ・マインツ市、取締役会会長: Dr. フランク・ハインリヒト)は、航空機シート装着用読書灯「SCHOTT® Opal(ショット オパール)」と航空機キャビン用のLED間接照明「SCHOTT® HelioCurve (ショット ヒリオカーブ)」の受注を2018年4月に、日本を含む全世界で開始したことをお知らせします。キャビンの雰囲気を損なわないデザインで、エレガントな光を照射するSCHOTT® Opalは奥行きが浅いため、皮革やポリマーなどさまざまな素材に装着することができます。そのため、座席ごとに照明ソリューションを低コストでカスタマイズすることが可能になります。また、SCHOTT® HelioCurveは、許容曲げ半径が非常に小さく、柔軟性に優れています。航空機キャビン向けの照明は、視覚的な演出に加え、短時間で容易に装着できること、メンテナンスに手がかからず、製品寿命にわたって発光の均一性が保たれることなど、特有の条件を満たさなければなりません。航空機シート装着用読書灯の最大サプライヤーであるショットが提供するSCHOTT® OpalとSCHOTT® HelioCurveは、航空機キャビン向け照明に必要な条件を満たす理想的な製品です。 さらなる情報
13.
March
ショット、孔開け加工技術を用いたガラスウエハー製品群を開発
~より小型な電子部品の開発を可能にするウエハーの微細加工を実現~ さらなる情報
コーポレートニュース
17.
May
Maximizing the field of view: SCHOTT RealView™ high-index glass wafers bring augmented reality to life
SCHOTT unveils SCHOTT RealView™, a breakthrough in high-index glass wafers that allows more immersive augmented reality (AR) applications. These new wafers are made from optical glass with a high refractive index, enabling a wider field of view (FOV) in AR devices. The geometrical precision of the wafer surface is controlled to unprecedented accuracy, creating superior picture quality with the best contrast and highest definition, enhancing the user experience. SCHOTT is positioned as a global leader in AR materials with its unique fully integrated manufacturing capabilities, its 133 years of leadership in the mass production of optical glass, and its capabilities in high-index wafer and tailored optical coatings. Experts from SCHOTT’s Advanced Optics Team will be available to discuss AR glass in booth 1045 at Display Week 2018 in Los Angeles, California from May 22 to May 24. さらなる情報
14.
May
Precision material with practically zero expansion - ZERODUR® has been SCHOTT’s material answer for demanding high-tech applications for five decades.
For 50 years, the name has said it all: ZERODUR®. Half a century ago, materials specialists from SCHOTT using ingenious process technology developed this special glass-ceramic with a coefficient of expansion of nearly zero. This makes the material ideal for applications requiring the highest precision – such as in astronomy, IC lithography, the semiconductor industry, metrology and flat panel display production. One recent highlight is the order from the European Southern Observatory (ESO) for the Extremely Large Telescope (ELT) project, for which SCHOTT will supply ZERODUR® segments for the primary mirror consisting of 798 hexagons in addition to several monolithic mirrors. SCHOTT is currently investing a mid-double digit million-euro amount in its glass-ceramic competence center in Mainz. With new melting capacities and post-processing options for a wide range of technical applications, the company is ideally positioned for the future. さらなる情報
09.
May
Powerful illumination: SCHOTT enhances VisiLED series for stereo microscopy
At this year’s Optatec in Frankfurt, May 15th - 17th, SCHOTT will present its new light illumination solution for stereo microscopy at booth C11. As part of the modular VisiLED series, the new VisiLED S40-75 is a high brightness and slim LED ringlight. SCHOTT will also present its new range of laser delivery solutions. さらなる情報
25.
April
Spotlight on special new outdoor fireplace design
“Dome” becomes Fuora K: Spartherm adds SCHOTT ROBAX® Design Award winner proposal to its outdoor gas fireplace portfolio さらなる情報
17.
April
Introducing syriQ BioPure® for sensitive drugs: SCHOTT enhances iQ™ platform with new glass syringe
New prefillable syringe designed to ensure drug stability and ease administration

Key features include ultra low tungsten and low adhesive residuals and accurate dimensions for optimal device compatibility

Over 48 pre-validated configurations with top-class elastomer components
さらなる情報
17.
April
Glass-ceramics as a catalyst for product design
Transparent, robust and esthetic: SCHOTT’s NEXTREMA® glass-ceramics are on target to impress visitors during the 2018 edition of the Hannover Messe with material ideas to inspire special product designs.

High-tech glass-ceramics from SCHOTT NEXTREMA® exceed when established materials such as plastic, conventional glass or metal have reached their limits. At this year’s Hannover Messe, the international technology group SCHOTT will be showcasing the material’s entire portfolio as well as its depth of applications – from transparent electrical appliances and attractive heating units to interactive whiteboards for the office (Hall 5, Stand A14).
さらなる情報
10.
April
SCHOTT AG, Daikyo Seiko and Vanrx announce compatibility for vials, press-fit closures and aseptic filling machines for sterile injectable drug packaging
SCHOTT AG and Daikyo Seiko Ltd. are announcing that SCHOTT adaptiQ® vials and Daikyo PLASCAP® plastic press-fit closures are confirmed as a Product Set for use with Vanrx Pharmasystems’ Aseptic Filling Workcells. さらなる情報
21.
March
Opto-ceramic converters receive innovation award
Brighter than the sun: Opto-ceramic converters from SCHOTT are accelerating the adoption of laser phosphor-based digital projectors by enabling high luminance light sources. The technology group now honored the material and the respective development team from Mainz (Germany) and Penang (Malaysia) with the SCHOTT Innovation Award 2018. さらなる情報
15.
March
Microalgae cultivation to perfection
Austrian company ecoduna has today commissioned the largest vertical plant for microalgae cultivation in Europe. Construction of the hectare facility was successfully completed in only ten months. SCHOTT supplied 43,000 DURAN® glass tubes for photobioreactor installation, corresponding to a total length of 230 kilometers. さらなる情報
12.
March
50G: Breakthrough in Transistor Outline Technology
SCHOTT Introduces 50G TO for Unprecedented Speed in Datacom Applications さらなる情報
01.
February
ショット、東京と滋賀の2社を統合 ~50余年にわたる国内販売実績と、開発・製造拠点を併せ持つ新会社が誕生~
ドイツの特殊ガラスメーカー、ショット (SCHOTT AG、本社:ドイツ・マインツ市、取締役会会長:Dr. フランク・ハインリヒト)は、本日2月1日付けにて、東京の販売会社である旧・ショット日本株式会社(旧本社:東京都新宿区、前代表取締役社長:犬飼清)と、滋賀の開発・製造・販売会社であるショット日本株式会社[元NEC SCHOTTコンポーネンツ株式会社](本社:滋賀県甲賀市、代表取締役社長:濱口善永)とが統合したことをお知らせします。 さらなる情報
2017
13.
December
ショット、NEC SCHOTTコンポーネンツを完全子会社化へ
ドイツの特殊ガラスメーカー、ショット(SCHOTT AG, 本社:ドイツ・マインツ市、取締役会会長:Dr. フランク・ハインリヒト)は、電子部品の重要な市場である日本における優位性をより高めるため、11月24日に発表いたしました通り、NEC SCHOTTコンポーネンツ株式会社(本社:滋賀県甲賀市水口町、代表取締役社長:濱口善永 1)の発行済み株式のうち、NECの保有する49%の株式を取得する契約を締結しました。また、昨日12月12日付にて、ショットの完全子会社化したことをお知らせします。 さらなる情報
18.
October
ショット、自動車インテリア向け照明製品を日本で販売開始
ドイツの特殊ガラスメーカー、ショット(SCHOTT AG, 本社:ドイツ・マインツ市、取締役会会長:Dr. フランク・ハインリヒト)は、自動車インテリア用ライトガイドMultiLight (マルチライト)を、本日より販売開始いたします。近日開催される「第45回東京モーターショー2017」に向けて、自動車の機能性とデザインへの関心が高まる中、ショットは、輪郭照明とスポット照明を1台の光源に統合したMultiLightと、世界市場で実績のある側面発光ライトガイドSideLight (サイドライト)の販売拡大をめざします。MultiLightとSideLightはいずれも車内空間演出用の環境照明製品です。また、自動車インテリアのカスタマイズや美しさの質の向上に対するニーズにお応えすべく、ショットは、優れた耐久性と加工性を備えた内装用の軽量素材として、印刷加工を施した超薄板ガラスを併せて提案します。 さらなる情報
12.
September
原子力発電所における安全性と存続性のロードマップ: ショット、IAEAの電気・計装制御装置に関する安全報告書を歓迎
原子力産業向けに、ガラス-金属封止技術を駆使して製造された、電気ペネトレーションアセンブリー(EPA、気密端子)を提供しているドイツの特殊ガラスメーカー、ショット(SCHOTT AG, 本社:ドイツ・マインツ市、取締役会会長:Dr. フランク・ハインリヒト)は、国際原子力機関(IAEA)がまとめた、電気・計測装置に関する報告書に賛同します。 さらなる情報
06.
September
ショット、ポリマー製シリンジの生産能力を拡大
ドイツの特殊ガラスメーカー、ショット(SCHOTT AG, 本社:ドイツ・マインツ市、取締役会会長:Dr. フランク・ハインリヒト)は、拡大を続ける需要に対応すべく、ポリマー製シリンジTopPac®の生産能力増強に投資いたします。ショットは、これまでも、スイスのザンクト・ガレンの製造拠点に千万ユーロ規模の投資を行ってきましたが、このたび、TopPac®の生産能力を2倍に拡大することを決定しました。 さらなる情報
12.
July
ショット、「SCHOTT CERAN®デザイン・アワード」でキッチンのデザインを募集 ~入賞者には、賞金最大5,000ユーロを贈呈~
ドイツの特殊ガラスメーカー、ショット(SCHOTT AG, 本社:ドイツ・マインツ市、取締役会会長:Dr. フランク・ハインリヒト)主催の「SCHOTT CERAN® デザイン・アワード」は、クリエイティブなキッチンスペースのデザインを募集しています。3回目となる「SCHOTT CERAN® デザイン・アワード」は、今回初めて、世界から広くデザインを募っています。 さらなる情報
見本市 & イベント
29.
May
展示会 ECTC - 2018 IEEE 68th Electronic Components and Technology Conference, San Diego, United States, 2018-05-29 - 06-01
30.
May
展示会 Materials, Veldhoven, Netherlands, 2018-05-30 - 05-31
05.
June
展示会 5th Workshop Microarrays: Basics, Production and Processing, Functional Genomics Center, Zurich, Schweiz, 2018-06-05 - 06-06
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。