DCSIMG

オフィスデザインを見直す

デザイナーが新しいコンセプトを考えるときに重要なのは適切な素材を選ぶことです。新しい選択肢として、ガラスセラミックはいかがでしょうか。オフィスや会議室では、たとえば、多機能ホワイトボードのような洗練された製品アイデアの実現に貢献します。

デザイナーが新しいコンセプトを考えるときに重要なのは適切な素材を選ぶことです。新しい選択肢として、ガラスセラミックはいかがでしょうか。オフィスや会議室では、たとえば、多機能ホワイトボードのような洗練された製品アイデアの実現に貢献します。

私たちの仕事環境は今までにないほど柔軟になり、オフィスや会議室のデザインが今まさに見直されています。書き込み可能で、プロジェクターのスクリーンにもなり、同時にモノを貼り付けることもできる、そんな壁が求められています。

こういったアイデアのソリューションとして、ショットはホワイトボードの新しいコンセプトを開発しました。ベースになるのはオパーク・ホワイトのガラスセラミックです。このホワイトボードは、社員が文字や図を書くことができるだけでなく、イメージやプレゼンテーション、動画を投影することもできるインタラクティブなスクリーンとして機能します。表面は拭き取りやすく、メタル製の裏面を付けてあるのでマグネットボードとしても使えます。

ハイテク・ガラス・セラミックNEXTREMA®がこれを可能にします。この素材は、製品開発者がオフィス機器をすぐれたデザイン製品に仕上げることを可能にするのです。さまざまな優れた技術特性を併せ持ち、独特な設計の自由さを提供する素材です。

デスクスペースで、ガラスセラミックはパーティションまたはライティングボードとして使用できます。
素材の色のさまざまなバリエーションによって、クリエイティブなデザインアイデアが次々と生まれるでしょう。

NEXTREMA®は「Next Extreme Material(次世代超高機能素材)」に由来しています。非常に強く、滑らかで非多孔質の表面をもち、耐化学薬品性が高いため変色することもないですし強力な洗剤を使うこともできます。

ガラスセラミックパネルはさまざまなサイズで製造されています。そのため、ホワイトボードはモジュール方式で拡張することができます。また、NEXTREMA®は、透明または半透明ホワイト、半透明ブルーグレー、黒色、オパークホワイト、オパークグレーの6種類で提供しています。

今日のオフィスデザインのアイデアに限界はありません。この多機能素材をデスクやオフィスの書き込み可能なパーティションとして使えば、オープン型のオフィスでも個人用のスペースを確保することができます。
または、すべての壁を、プロジェクタースクリーンとしても書き込みスペースとしても使えるガラスセラミック製にすることもできます。

お問い合わせ

ショット日本株式会社
ホームテック事業部
樫村 隆

ページトップへ