優美なインテリアの実現

自動車インテリアへのユーザーの要求は、とどまるところがありません。シフトレバーやアナログ計器類、粗いプラスチック素材が車の内装デザインの主流であったのは、そう遠い昔のことではありません。しかし今では、高級感のある素材やタッチスクリーン、そしてデジタル機器が「必須」です。
独特の雰囲気をつくるハイテクガラスと光ファイバーがまったく新しい自動車デザインの可能性への扉を開きます。

挑戦

近い将来、自動運転が実現されると、内装設計は大きく変わるでしょう。すでに多くの操作機器や表示機器はデジタル化され、よりシンプルなインテリアデザインが採用されつつあり、快適さと安全性の最大化が進行しています。

自動車メーカーは様々なイノベーションに関するすべてのニーズをどのように満足させるかという課題に直面しています。一方で、電気自動車の走行距離を伸ばし、内燃エンジン自動車の排気ガスを削減するために、車体総重量を可能な限り軽くしていかなければなりません。

誰も見たことのない雰囲気を作りだす

ガラスは無機材料であり長期間変化しないため、自動車内装の先進技術に理想的な素材です。他の物質に比べ、ガラスには多くの利点があります。ガラスは美しさと強靭さを兼ね備えています。ガラスの優れた光学特性と、非常に傷付きにくいという性質によって、タッチスクリーンをトリム部品に搭載することが可能になります。

従来、ガラスが自動車の内装に使われるケースは限られていました。これには理由があります。まず、事故が起こった際に、破片で搭乗者にさらなる怪我を負わせないよう、ガラスの強度を強くしなければなりません。また、斬新な曲面形状のデザインに対応できるように、成形性が高くなければなりません。そして、できる限り軽量であることも要求され、この点ではガラスは理想的な素材とは言えませんでした。ショットの技術は、これらの課題を克服しました。

ガラスは無機材料であり長期間変化しないため、自動車内装の先進技術に理想的な素材です。他の物質に比べ、ガラスには多くの利点があります。ガラスは美しさと強靭さを兼ね備えています。ガラスの優れた光学特性と、非常に傷付きにくいという性質によって、タッチスクリーンをトリム部品に搭載することが可能になります。

従来、ガラスが自動車の内装に使われるケースは限られていました。これには理由があります。まず、事故が起こった際に、破片で搭乗者にさらなる怪我を負わせないよう、ガラスの強度を強くしなければなりません。また、斬新な曲面形状のデザインに対応できるように、成形性が高くなければなりません。そして、できる限り軽量であることも要求され、この点ではガラスは理想的な素材とは言えませんでした。ショットの技術は、これらの課題を克服しました。

イノベーション

スマートフォンから自動車内装まで

ショットの超薄板ガラスは、モバイル機器の指紋センサーやカメラレンズの保護ガラスとして幅広く採用されています。ガラスの種類にはホウケイ酸ガラスとアルミノシリケートガラスがあり、どちらも化学強化されて使われます。ディスプレイとタッチスクリーンの統合が進むとともに、ドライバーにとっての運転席は、単なる機能的な空間を超えてエンターテイメントハブになるのではないでしょうか。

このようなトレンドに対して、厚みが250マイクロメートル以下という超薄板ガラスは、自動車産業にとって、とても面白い素材となり得ます。軽量であり、かつ非常に堅牢なショットの超薄板ガラスは、凹面、凸面のみならず、曲面形状にも加工が可能です。

ショットの超薄板ガラスは、モバイル機器の指紋センサーやカメラレンズの保護ガラスとして幅広く採用されています。ガラスの種類にはホウケイ酸ガラスとアルミノシリケートガラスがあり、どちらも化学強化されて使われます。ディスプレイとタッチスクリーンの統合が進むとともに、ドライバーにとっての運転席は、単なる機能的な空間を超えてエンターテイメントハブになるのではないでしょうか。

このようなトレンドに対して、厚みが250マイクロメートル以下という超薄板ガラスは、自動車産業にとって、とても面白い素材となり得ます。軽量であり、かつ非常に堅牢なショットの超薄板ガラスは、凹面、凸面のみならず、曲面形状にも加工が可能です。

車載用途の超薄板ガラスの加工方法

1

ショットのガラスは、環境に優しい製造方法によって、ドイツで生産されています。ショット独自の製造方法で、さまざまな板厚のガラスをご用意します。

2

次に、板状のガラスを適切な形状に切断し、端面を研磨します。この段階で化学強化することも可能です。

3

スクリーン印刷によって、ガラスに加飾印刷することも可能です。多彩な色のインクが使用可能です。

4

最終工程では、超薄板ガラスを支持構造部材に、接着剤で貼り付けます。

光の効果

光を目にした瞬間、新たな感情や気分がわき起こります。自動車の内装においても同じです。スポーツカー向けの照明コンセプトによって、気分を高揚させたり、快適さをもたらしたりすることができます。柔らかな照明により作り出されるラグジュアリーな雰囲気は、オートクルーズモードでのドライブに最適です。

照明は、さまざまな感情を引き出します。自動車メーカーは、車種やブランドイメージ、ドライバーそれぞれの感情やムードによるドライビングコンセプトに相応しい演出を提供することが可能になります。

新たな
可能性
発光
均一性
色彩
安定性
(3m
まで)

ショットは、自動車内装照明としてより効果的なソリューションを開発しました。新しいショットのMultiLight(マルチライト)は、均一なライン状の照明を実現する側面発光ファイバ(SideLights)とスポットライト照明用の先端発光ファイバを結束し、インテリア照明としての新たな可能性を生み出します。ショットのMultiLightソリューションは、すべてのライトガイドが1つのRGB光源と接続されます。部品搭載にかかる時間と手間を省き、また、費用も低減します。

SideLightsは、既に数々の量産モデルに採用されています。直径1.2mmまたはそれ以上の太さのライトガイドから放たれる均一な光は印象的です。色彩安定性は3メートルまで保証されています。

ショット マルチライト MultiLight

メッセージ

「今後、自動車インテリアには、たくさんのディスプレイが使われるでしょう。スマートフォンを大幅に拡張したようなものです。自動車メーカーは、次世代のイノベーションを内装デザインに組み込むために、化学メーカーや素材メーカーの協力を求めるでしょう」  Dr.フェルディナンド・ドゥーデンヘーファー教授、デュイスブルグ・エッセン大学(ドイツ)

Source: https://www.uni-due.de/de/presse/meldung.php?id=1001

「今後、自動車インテリアには、たくさんのディスプレイが使われるでしょう。スマートフォンを大幅に拡張したようなものです。自動車メーカーは、次世代のイノベーションを内装デザインに組み込むために、化学メーカーや素材メーカーの協力を求めるでしょう」 Dr.フェルディナンド・ドゥーデンヘーファー教授、デュイスブルグ・エッセン大学(ドイツ)

Source: https://www.uni-due.de/de/presse/meldung.php?id=1001

「今後、自動車インテリアには、たくさんのディスプレイが使われるでしょう。スマートフォンを大幅に拡張したようなものです。自動車メーカーは、次世代のイノベーションを内装デザインに組み込むために、化学メーカーや素材メーカーの協力を求めるでしょう」 Dr.フェルディナンド・ドゥーデンヘーファー教授、デュイスブルグ・エッセン大学(ドイツ)

Source: https://www.uni-due.de/de/presse/meldung.php?id=1001

ショットの研究者ベルント・ホッペが自動車インテリアの未来を語る。

未来へ

自動車内装に特別な雰囲気を作り出しましょう。

次の目標は何ですか?

お問い合わせ

ショット日本株式会社
技術営業部
神田 博司

ショット日本株式会社
ライティング・イメージング事業部
吉武 幸成

ページトップへ