DCSIMG

理想的な素材

酸やアルカリによって、ほとんどの物質は分解されます。けれども、特殊ガラスは例外です。沸騰した塩酸の中に6時間浸けても特殊ガラスはほぼ無傷です。このため、特殊ガラスは、反応性の高い物質を用いる化学用途には欠かせない素材となっているのです。

挑戦

頼もしいパートナー

化学的侵食性の非常に高い薬品や反応性が高い化学物質の扱いは、化学メーカーや製薬メーカーにとって大きな課題です。容器の表面と成分が少しでも相互作用を起こすと、製品の有効性を損なったり、誤った試験結果が出るということが起こり得ます。そのような問題を防ぐためには、耐薬品性が必須なのです。

化学的侵食性の非常に高い薬品や反応性が高い化学物質の扱いは、化学メーカーや製薬メーカーにとって大きな課題です。容器の表面と成分が少しでも相互作用を起こすと、製品の有効性を損なったり、誤った試験結果が出るということが起こり得ます。そのような問題を防ぐためには、耐薬品性が必須なのです。

イノベーション

ホウケイ酸ガラスが特殊なのはなぜでしょうか

R耐性

耐薬品性が高いので、このガラスは酸やアルカリ用に使うことができ、また医薬品容器にも適しています

耐久性

高い安定性によって、細かなガラスのフレークが欠けて落ちるという容器の内面剥離のリスクを低減します

効率性

ホウケイ酸ガラスは、同等の特性をもつ他の種類のガラスよりも効率的に製造することができます

どこで使われていますか。

すべての医薬品は、安全に包装されていなければなりません。高い耐薬品性と耐加水分解性のおかげで、ホウケイ酸ガラスは、医薬品の有効性を維持しつつ容器の素材と医薬品との相互作用のリスクを最小限に抑えることができるのです。

医薬品を守る

医療用バイアルの内側のガラス表面から、見えるかどうかという程度の微小な薄片が剥がれる内面剥離は、容器と薬品の相互作用の結果、ある特定の状況下で発生するごくまれな現象です。患者の安全を確保するためには、このような現象はできうる限り防止する必要があります。ガラスの内表面の化学的均一性を高めることによって、こういったリスクを防止しています。

検査を正確に

検査室での分析は精度が頼りです。そして、精度を決めるのは、まず高品質の特殊ガラスです。自己蛍光性が非常に低く、耐薬品性をもつ特殊ガラスは、信頼性が高く、再現性のある診断結果を得るために不可欠です。

検査用マイクロアレイ基板は、ガラス・ウエハーに非常に薄い膜をコーティングして製作されます。DNAやたんぱく質、あるいは細胞を含んだ検体を基板に接触させると、コーティングによって特定の成分が固定されます。これによって、検体内に含まれた特定の生体分子を所定の位置に結合させることが可能となります。

検査室での分析は精度が頼りです。そして、精度を決めるのは、まず高品質の特殊ガラスです。自己蛍光性が非常に低く、耐薬品性をもつ特殊ガラスは、信頼性が高く、再現性のある診断結果を得るために不可欠です。

検査用マイクロアレイ基板は、ガラス・ウエハーに非常に薄い膜をコーティングして製作されます。DNAやたんぱく質、あるいは細胞を含んだ検体を基板に接触させると、コーティングによって特定の成分が固定されます。これによって、検体内に含まれた特定の生体分子を所定の位置に結合させることが可能となります。

化学的性質を見守る

工業化学プロセスは、多くの場合、密閉容器内で行われます。と同時に、そのプロセスはモニターされなければなりません。反応容器のサイトガラスがモニタリングを可能にします。

サイトガラスを通して、酸やアルカリの反応をはっきりと見ることができます。このガラスは、侵食性の高い化学物質の影響を受けることなく、透明なままです。

工業化学プロセスは、多くの場合、密閉容器内で行われます。と同時に、そのプロセスはモニターされなければなりません。反応容器のサイトガラスがモニタリングを可能にします。

サイトガラスを通して、酸やアルカリの反応をはっきりと見ることができます。このガラスは、侵食性の高い化学物質の影響を受けることなく、透明なままです。

メッセージ

理想的な材料

「化学的浸食性の高い環境向けでも、反応性の高い物質向けでも、ショットのガラスは最適なソリューションを提供します」

ショット R&D部門エグゼクティブ・バイス・プレジデント

Dr. マティアス・ミュラー

未来へ

ショットの特殊ガラスは、新しい技術に最適な素材です。今も、そしてこれからも。

医薬品や化学物質に最適な環境を創りましょう。

次の目標は何ですか?

お問い合わせ

Nathalie Kirschstein
Marketing and Communications
SCHOTT AG

ページトップへ