DCSIMG

クロス・コンタミネーションのリスクを軽減

医療産業の安全衛生基準は非常に高く、医療機器は、クロス・コンタミネーションのリスクを防ぐため、人体に接触した後にオートクレーブ処理をしなければなりません。このため、医療機器には、厳しい滅菌プロセスに耐えることができる特殊ガラスとセラミック、金属で作られた部品が必要となります。

挑戦

どうすれば、医療機器の寿命を維持しながら、医療機器を安全に滅菌し、再利用できるのでしょうか?

圧力。湿気。化学物質。134℃の高温。オートクレーブは、医療機器にとってひとつの課題です。このプロセスは必要不可欠である一方、繊細な電子機器の保護に有機ポリマー材を用いた場合には、わずか数サイクルで大きなダメージを受ける可能性があります。

圧力。湿気。化学物質。134℃の高温。オートクレーブは、医療機器にとってひとつの課題です。このプロセスは必要不可欠である一方、繊細な電子機器の保護に有機ポリマー材を用いた場合には、わずか数サイクルで大きなダメージを受ける可能性があります。

0

イノベーション

医療用電子機器の確実な保護

オートクレーブの過酷な環境で、医療機器内部の電子部品や光源を保護することは容易ではありません。有機材料で作られた封止材は、ほんの数回のオートクレーブサイクルで劣化し、十分な保護を維持できなくなります。ところが、無機材料では、この問題は起こりません。ガラス、金属、セラミックは、湿気や高圧、高温に耐性があります。

Eternaloc®コネクタとフィードスルーは無機材料だけで製造されています。絶縁体としてガラスまたはセラミックを使用することで、腹腔鏡、関節鏡やロボット手術システムなど、医療機器内部の電子部品に、数千回の滅菌サイクル後であっても、電力や信号を継続的に伝送することができます。

Solidur®LED は、ガラスと金属、セラミックで封止されており、非常に堅牢で気密性に優れています。リングLEDや直径2.3mmのミニLED、TOベースのLEDなど、カスタマイズ可能なバリエーションがあります。Solidur®LEDは、内視鏡、手術器具、ドリル、ミラーなどの医療機器に一体型の光源として利用できます。

耐熱性
防水性
気密性
耐化学薬品性
耐圧性

3500回のオートクレーブサイクル

周囲圧力2bar、

温度134℃

メッセージ

「高品質な部品は、医療機器にとって不可欠です。ガラスとセラミック、金属を使用したカスタム設計のコネクタとLEDは、耐久性およびオートクレーブに対応した特性という、医療機器業界が最も必要とする品質を提供します。」

医療機器シニアプログラムマネージャー、
ヨハン・ハーツバーグ

未来へ

自律型のロボット手術が一般的になってきており、医療状況の変化に伴って、医療機器の機能に対する要求も進化していきます。長期にわたり信号や光を伝送できる機能が、新たな可能性を生み出す鍵となります。

オートクレーブ対応の部品で医療機器の性能を高めましょう。

次の目標は何ですか?

お問い合わせ

ショット日本株式会社
インダストリアルプロダクツ営業セクション
マネージャー
大井 憲太郎

ページトップへ