低融点ガラス付けキャップ

製品概要

光データ通信用途には非常に高い精度で信号を送受信する必要があるものが多く、そのためには光効率を最適化する必要があります。しかし成形キャップの中には、その光学特性がこのニーズを満たしていないものもあります。
低融点ガラス付けキャップは、特殊な光学特性を有するために製造されたガラス材料を使用してます。このガラスは、特殊な半田ガラスを用いて金属フレームに強固に接合されています。この方法は、ガラスコーティング施すことは無論の事、必要とされる特性を持つウィンドウやレンズを金属に接合することを可能にします。対応するヘッダーにこのキャップを使用すれば、繊細なコンポーネントを長期間保護し、光信号を高い精度で確実に伝送することが可能な気密封止ハウジングを製造することができます。

特長

低融点ガラス付けキャップは、お客様独自の多種多様な設計に合わせてご利用いただけます。当社はガラスに関する全項目において他社を上回る技術を備えています。そのため非常に高い品質規格に合わせたレンズやウィンドウの開発・加工を行うことができます。

用途

低融点ガラス付けキャップは、光データ通信における伝送関連用途や、高解像度センサー(CCDカメラセンサーなど)用として利用されています。

仕様

技術

許容誤差範囲が小さい光学特性を一切損なうことがないように、クリーンルームでガラスと金属フレームの半田付け処理を行っています。半田付け作業時には、ガラスコンポーネントへの影響や変質を確実に防止することが極めて重要となります。
半田付け作業を行うことにより、多様な幾何学的形状の製品を実現することができます。焼結や分配など、さまざまなプロセスにより、幅広い形状の製品を生産することが可能です。また精密金属部品の製造が可能な旋盤を利用して金属フレームを製造すれば、許容誤差範囲がさらに小さい用途向けの製品を実現することも可能です。

特徴/仕様

ガラスヘッダーにさまざまな光コーティング処理を新たに施した上で半田付けを行うことが可能です。そのため金属をコーティングすることなく、ガラスのみをコーティングすることができます。それにより、処理した各種コーティングの均質性を大幅に高めるともに、後処理においてさまざまな長所をもたらします。

供給形態と製品の梱包

製品は、全てクリーンルームで個別に梱包します。

品質

ショットの生産設備はすべてISO9001の認証を取得しています。キャップはすべてクリーンルームで半田付けします。
見本市 & イベント
05.
February
展示会 SPIE Photonics West (Business Unit Electronic Packaging), San Francisco, CA, United States, 2019-02-05 - 02-07
05.
March
展示会 OFC - The Optical Networking and Communication Conference & Exhibition, San Diego, CA, United States, 2019-03-05 - 03-07
12.
March
展示会 IDS - International Dental Show, Cologne, Deutschland, 2019-03-12 - 03-16
お問い合わせ
contact-home.png
ショット日本株式会社
〒528-0034
滋賀県 甲賀市水口町日電3-1
日本国
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。