精密ガラスディスク

製品概要

ショットの精密ガラスディスクは、各種の光学・光電子工学用小型ガラスウィンドウに使用されています。
精密ガラスディスクは、各種の板ガラス材料を原料として製造することができます。一般的な形状は円形ですが、それ以外の外形の製品もご提供可能です。ガラスディスクの直径は1 mm程度まで小型化が可能であり、厚さは100 µm程度の薄さから1 mm超までの範囲が可能です。またご要望に応じ、反射防止/ビームスプリッタコーティングを施した特注品のご提供も可能です。

特長

ショットでは、次のような長所を備えた製品をカスタマイズしてご提供します。
  • 用途別にガラスを推奨
  • 各種形状の製品の利用が可能
  • 厳しい公差
  • カスタマイズ可能なコーティング
  • クリーンルーム内で洗浄・梱包

用途

ガラスディスクは、さまざまな光学・光電子工学用途で利用されています。その例をご紹介します。

仕様

技術

ガラスディスクの製造には、板ガラス基板を使用します。ディスクの最終形状をした高精密マスクをガラス基板上に配置します。各種の研磨技術を用いて、基板のマスキング部位の間のガラスを除去します。マスクを取り外し、クリーニングした後、ガラスディスクを梱包します。
Glass Process
特徴/仕様

ショットでは、以下の標準的なガラスを用いたガラスディスクを提供しています。
ガラス 説明 Alpha (20℃ – 300℃) in 10–6 K-1 Tg in ℃ 比誘電率
(1 MHz)
D 263 高い光学品質を備えた耐化学薬品性ホウケイ酸ガラス 7.2 557 6.7
BF 33 高い透明度を備えたホウケイ酸ガラス 3.25 525 4.7
B 270® i 高い透明度を備えた無色クラウンガラス 9.4 533 7.0
AF 37T アルミニウムシリケートガラス(ヒ素・アルカリ不使用) 3.77 711 5.5
各製品の外形については、個々のお客様の要件に合わせて設計いたします。片面または両面に光学コーティング(ARまたはビームスプリッタ)を施すことが可能です。

供給形態と製品の梱包

ショットのエレクトロニックパッケージング事業部では、お客様の多様なニーズやその後の加工システムに基づいたパッケージソリューションを個別に提供しています(真空を利用してディスクを個別に取り出すことが可能なトレー型パッケージなど)。
詳細な情報については、当社までお気軽にお問い合わせください。

品質

精密ガラスディスクは、全てクリーンルーム(クリーンルームクラス10,000、ISOカテゴリ7;米国連邦規格209E:DIN EN 150 14644-1)で製造し、クリーンルームクラス1,000のフローボックス内で梱包しています。

追加オプションとして、自動視覚システムによる全品検査が可能です。またご要望に応じ、ディスクを洗浄した後に梱包することも可能です。各種の品質保証プログラムに関する詳細な情報については、品質保証プロセスページをクリックしてください。
見本市 & イベント
05.
February
展示会 SPIE Photonics West (Business Unit Electronic Packaging), San Francisco, CA, United States, 2019-02-05 - 02-07
05.
March
展示会 OFC - The Optical Networking and Communication Conference & Exhibition, San Diego, CA, United States, 2019-03-05 - 03-07
12.
March
展示会 IDS - International Dental Show, Cologne, Deutschland, 2019-03-12 - 03-16
お問い合わせ
contact-home.png
ショット日本株式会社
〒528-0034
滋賀県 甲賀市水口町日電3-1
日本国
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。