SCHOTT® DentalGlass – X線不透過性添加剤

製品概要

歯科診断において、放射線検査(X戦撮影)によって体内に埋め込んだ材料を検出し、疾病による影響や自然構造物と区別することが特に重要となります。ショットでは、非常に高いX線不透過性を備えた歯科用充填材用添加剤を提供しています。またSCHOTT NanoFine®結晶粒径の添加剤も提供しています。この添加剤はX線による検出能力の強化に適した顔料であり、標準的なプロセスを用いてシラン処理することが可能です。

特長

ショットのX線不透過性歯科用材料を複合充填材に添加した場合の主な長所としては、虫歯の検出能力の強化に加え、歯組織と歯科用材料との間の界面をX線撮影によって観察できる能力の強化があげられます。

このような長所を実現しているのが、X線不透過性添加剤が備える次のような特性です。
  • ライナー、コア材料、後部材料に高いX線不透過性を実現。
  • 平均結晶粒径が120 nm未満であるため、ガラス粒子充填材の密度が高まり、機械的強度と耐久性を強化。
  • ショットの最高品質規格に基づく製造。

用途

ショットの歯科用充填材用X線不透過性添加剤の効果により、充填材と歯の構造物質をX線撮影によって明確に区別することができます。また発生した亀裂や虫歯を簡単に特定することができます。

仕様

技術

原材料を慎重に計量した上で、完全に混合します。ガラスバッチを溶融し、均質化します。次に透明ガラスプレートを粉砕し、歯科用ガラスパウダーを製造します。
使用する溶融技術については、各種ガラスの組成と品質要件に合わせて選択しています。
目標とする結晶粒径・分布に応じ、各種の乾式・湿式粉化技術を使用し、原料ガラスを粉砕して微細パウダーを生成します。

特徴/仕様

ショットのガラス製品に関する詳細な情報については、当社販売担当までお問い合わせください。

供給形態と製品の梱包

ショットでは、段ボール容器にPEバッグを入れたものを標準パッケージとして使用しています。代替パッケージについては当社までお問い合わせください。

品質

各種の品質保証プログラムに関する詳細については、品質保証プロセスをご覧ください。
見本市 & イベント
13.
November
展示会 electronica, Munich, Deutschland, 2018-11-13 - 11-16
05.
February
展示会 SPIE Photonics West (Business Unit Electronic Packaging), San Francisco, CA, United States, 2019-02-05 - 02-07
05.
March
展示会 OFC - The Optical Networking and Communication Conference & Exhibition, San Diego, CA, United States, 2019-03-05 - 03-07
お問い合わせ
contact-home.png
ショット日本株式会社
〒528-0034
滋賀県 甲賀市水口町日電3-1
日本国
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。