SCHOTT® 歯科用ガラスレジスト

製品概要

ガラスパウダーは、歯科用充填材に優れた安定性と外観をもたらします。新製品SCHOTT歯科用ガラスレジストは、各種の酸に対する優れた耐性を備えていることが実証されています。そのため歯科用充填材の寿命をさらに延ばすとともに、食物の摂取時に生じる酸やアルカリによるあらゆる腐食作用に対する耐性を高めることができます。ショットは標準結晶粒径(Kタイプ、UFタイプ)で屈折率1.53/1.55の製品をすべて取り揃えております。

特長

酸、アルカリ溶液、水など数多くの厳密な試験で優れた性能を発揮しています。

新たなレベルに到達した耐性:
  • 耐酸性:クラス1
  • 耐アルカリ性:クラス1
  • 耐加水分解性:クラス1

酸性環境における高い安定性を長期間維持することが可能

数多くの厳密な試験で優れた性能を実証

用途

SCHOTT歯科用ガラスレジストは高い耐酸性を備えています。そのため従来の歯科用充填材での使用が可能であるだけではなく、樹脂強化ガラス‐アイオノマーセメントでの使用にも最適です。通常、この画期的なシステムには酸性成分が含まれています。このシステムは主成分であるガラスパウダーと紫外光の作用により、化学的に硬化します。そのため歯科病院における層の塗布に要する時間を短縮することができます。さらに充填材へのフッ化物の添加量を増やし、二次虫歯の生成を防ぐことができます。

仕様

技術

ショットでは130年以上に及ぶ経験に基づき、全ての歯科用ガラスを溶融して特殊設計の凝集体を形成し、光学品質のガラスを生産しています。
目標とする結晶粒径・分布に応じ、各種の乾式・湿式粉化技術を使用し、原料ガラスを粉砕して微細パウダーを生成します。
この特殊ガラスを粉砕し、微粒子化することによって、歯科用複合材料と樹脂強化ガラス‐アイオノマーセメントの機械的特性と外観を自然の歯エナメル質に非常に近づけることができます。「DentalGlass Resist」の屈折率は1.53 ndと1.55 ndであり、標準結晶粒径の製品を全てご利用いただけます。また微粒子状の顔料を添加することにより、充填材の色合いを個々の歯に完璧に合わせて調整することができます。そのため、充填材が目立つことがほとんどありません。

特徴/仕様

ガラスに関する詳細な情報については、「ダウンロード」タブをご参照ください。

供給形態と製品の梱包

ショットでは、段ボール容器にPEバッグを入れたものを標準パッケージとして使用しています。代替パッケージについては当社までお問い合わせください。

品質

各種の品質保証プログラムに関する詳細については、品質保証プロセスをご覧ください。
見本市 & イベント
13.
November
展示会 electronica, Munich, Deutschland, 2018-11-13 - 11-16
05.
February
展示会 SPIE Photonics West (Business Unit Electronic Packaging), San Francisco, CA, United States, 2019-02-05 - 02-07
05.
March
展示会 OFC - The Optical Networking and Communication Conference & Exhibition, San Diego, CA, United States, 2019-03-05 - 03-07
お問い合わせ
ショット日本株式会社
〒528-0034
滋賀県 甲賀市水口町日電3-1
日本国
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。