SEFUSE® SF タイプ

製品概要

SEFUSE® SFタイプは、電気製品が異常過熱し危険な状態に至るのを未然に防ぐ、非復帰型の温度保護デバイスです。感温素子として有機化合物を使用してます。


SF type

SFタイプは金属ケース内に、可動電極、スプリング、感温ペレットなどが組み込まれています。常温では、リード線の先端が可動電極と接触しており、電流は、可動電極と金属ケースを介して、もう一方のリード線に流れます。周囲温度が動作温度に達すると感温ペレットが溶け、スプリングが可動電極を引き離し、電流を遮断します。

特長

SFタイプの温度ヒューズには、次のような特長があります。
  • 小型であり熱応答性に優れる
  • 樹脂封止により信頼性や動作精度が高い
  • 大電流(6〜15A)を遮断することができる
  • WEEE指令(RoHS)で規制される有害物質を使用していません

用途

以下のような幅広いアプリケーションで使用されています。
  • 家電製品(アイロン、コーヒーメーカー、炊飯器、パン焼き器、トースター、冷蔵庫など)
  • 冷暖房機器(エアコン、扇風機、加湿器、ヒーターなど)
  • パーソナルケア製品(ヘアドライヤー、ヘアカーラー、ヘアセッターなど)
  • OA機器(複写機、レーザープリンタ、FAX、ケーブルタップなど)
  • 電子部品(トランス、ソレノイド、ACアダプタなど)
  • 車載用電子部品 (電磁クラッチ、車用空調レジスターなど)

仕様

技術

SFタイプの感温素子には、有機化合物が使われています。可動電極の材料には、2003年4月から、それまでの“AgCdO”に代わって""AgCuO”が使われていおり、米国・欧州他にて特許登録されています。
この技術の詳細については、技術ページをご覧ください。

仕様/定格

SFタイプは有機化合物を感温素子として使用しています。新材料を感温素子に使用し信頼性を高めたSFHタイプも準備しています。動作温度は73〜240℃のラインアップがあります。SF/Kシリーズ以外のすべてのSFタイプは、封口樹脂をリード加工時の応力から保護するために絶縁碍管を使用しています。
シリーズ 電気定格 動作温度 取得安全規格
AC/DC 電流 電圧
SF-Kシリーズ AC 6A 250V 73°C-216°C UL, cUL, VDE, BEAB, KTL, PSE
SF-Rシリーズ AC 10A/15A 250V 73°C-240°C UL, cUL, VDE,  CCC, KTL, PSE
SFH-Rシリーズ AC 10A/15A 250V 110°C-176°C UL, cUL, VDE, CCC, KTL, PSE
SF-Yシリーズ AC 15A 250V 73°C-240°C PSE, (UL), CCC
SF(H)-E/L及びSF-N シリーズ生産中止のお知らせ

SF(H)-E/L及びSF-N シリーズを2017年をもちまして生産中止し、SF(H)-Rシリーズへ集約いたします。
詳細につきましては、"温度ヒューズSF(H)-E/L/N シリーズ生産中止のお知らせ"をご覧ください。

設計時の注意事項については、温度ヒューズカタログの“使用上の注意事項”をご覧ください。

納品形態と製品パッケージ

標準的な納品形態となります。納品や包装について特にご要望があれば、当社の販売担当者にご連絡ください。
また、お客様のご要望に応じて、リード加工やテーピングも行っております。 詳細については、こちらをご覧ください。

品質

SFタイプの温度ヒューズは、ショット日本の品質保証プロセスにて品質保証しています。
詳細については、品質保証プロセスおよび温度ヒューズカタログをご覧ください。
見本市 & イベント
13.
November
展示会 electronica, Munich, Deutschland, 2018-11-13 - 11-16
05.
February
展示会 SPIE Photonics West (Business Unit Electronic Packaging), San Francisco, CA, United States, 2019-02-05 - 02-07
05.
March
展示会 OFC - The Optical Networking and Communication Conference & Exhibition, San Diego, CA, United States, 2019-03-05 - 03-07
お問い合わせ
contact-home.png
ショット日本株式会社
〒528-0034
滋賀県 甲賀市水口町日電3-1
日本国
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。