SCHOTT Vitryxx® 生体活性ガラス

製品概要

化粧品・薬用化粧品用生体活性ガラスパウダー

生体活性ガラスは、化学的には(全てのガラスと同様に)アモルファス構造になっており、体内に存在する元素(ケイ素、カルシウム、ナトリウム、リン、酸素)のみで構成されています。数十年に及ぶ調査・研究により、生体活性ガラスは優れた生体適合性を備えていることが明らかになっています。化粧品や薬用化粧品においては、この生体活性ガラス特有の生体適合性が完璧な皮膚適合性として現われます。このことは、長期および短期人皮膚パッチテストで繰り返し実証されています。

水を用いて生体活性ガラスを活性化させると、ガラスから高い生物学的利用能を有する構成成分のイオンが放出されます。このイオンは粒子表面に天然ヒドロキシアパタイトと同等のミネラルマトリクスを形成します。

SCHOTT Vitryxx®生体活性ガラスはミネラル特性と無機性を有しています。したがって、この種のアンチエージング成分は極めて強い光や極度の高温/低温にも反応しません。

特長

近年では、薬用化粧品に配合した場合に、生体活性ガラスが次のような特性を示すことが発見されています。

1. 皮膚の赤みを抑制する効果
試験結果から、薬用化粧品では紫外線処理や化学皮膚バリアの損傷によって生じる赤みが抑えられることなどが明らかになっています。

2. しわを目立たなくする効果
高速光学ヒト皮膚の生体内トポメトリによれば、生体活性ガラスを配合した薬用化粧品を使用した場合、短期間でしわの長さと深さが目に見える形で大幅に減少することが明らかになっています。

3. 抗酸化効果
新しいアンチエージング成分である微粒子状生体活性ガラスは、生体外タンパク質カルボニルアッセイやその他の試験環境において明確な抗酸化効果を発揮することが明らかになっています。

4. ミネラル濃縮
少量の水を添加すると、生体活性ガラスがミネラル濃縮効果を発揮します。この効果により、カルシウムやシリカを主成分とするミネラルが放出され、爪に結合することができます。

用途

SCHOTT Vitryxx®は、薬用化粧品(スキンケア、術後ケアなど)用の優れたアンチエージング成分です。またマイクロダーマアブレイジョン用としても優れた効果を発揮します。

現在、さまざまな薬用化粧品にSCHOTT Vitryxx®が配合され、優れた成果をあげています。その例をご紹介します。
  • カラー化粧品(マスカラ、ファンデーション、アイシャドウ、口紅、固形パウダーブラシなど)
  • スキンケア(フェイシャルクリーム、スキンジェルなど)、ヘアケア(コンディショナー、スタイリングジェルなど)
  • ネイルケア(マニキュア、ベースコートなど)
  • メンズケア(シェービングクリーム、アフターシェーブバームなど)
  • デオドラント(スティック、スプレーなど)
  • バス/クリーニング(固形石鹸、液体石鹸など)

仕様

SCHOTT Vitryxx® 生体活性ガラス技術

水環境では、生体活性ガラスマトリクスのナトリウムイオンと水の水素イオンとのイオン交換が高速で生じます。このイオン交換により周囲の水溶液のpHが上昇します。この現象は、特に表面体積比が大きい微粒子状の生体活性ガラスパウダーで発生します。
ナトリウムイオンが高速で放出されると、続いてカルシウムイオンやシリカ、リンなど他の種がやや遅れて放出されます。これらのイオンの放出は、ガラス表面が長い時間をかけて溶解することによって生じます。特定の水溶液条件下では、これらの化学種がガラス表面やその近傍の他の表面に析出し、カルシウムやリンを含有する層を形成します。この表面層は、化学的・構造的に骨材料と同等な性質を有する結晶質ヒドロキシカーボネイトアパタイト(HCA)に転換することができます。このような表面を形成する能力こそが、生体活性ガラスがヒト組織と結合することを可能とし、ガラスが「生体活性」を有する理由であるとみられています。

特徴/仕様

外観:SCHOTT Vitryxx®生体活性ガラスは、無味無臭の白色微粒子状パウダーです。この製品は親水性を有しているため、乾燥条件下で保管が必要となります。
粒径:ショットでは、以下の標準的な結晶粒径を有するVitryxx®生体活性ガラスを提供しています。またご要望に応じ、粒径をカスタマイズした製品もご利用いただけます。

SM4.0(仕様:d50:(4.0 ± 1.0)μm d95:≦20 μm)

微生物学的特性:
微生物の最大含有量:

総生菌数≦100 cfu/g
酵母菌・カビ≦100 cfu/g

供給形態と製品の梱包

現在、2種類のVitryxx®をご利用いただけます。

Vitryxx®
  • 材料番号:MD01
  • 分類:ガラス
  • 納入形態:パウダー(結晶粒径は要望に応じて決定)
  • INCI名:リンケイ酸カルシウムナトリウム
  • CAS 65997-17-3
  • EINECS 266046-0
  • 質量%:100 %(Vitryxx®
Vitryxx®生体活性ガラスは、ワックス状、固形、粉末状、高粘性製品に適しています。

Vitryxx®M生体活性ガラス/マイカ(Mica)
  • 材料番号:G018-270
  • 分類:ガラス(glass)/マイカ(Mica)
  • 納入形態:パウダー(結晶粒径は要望に応じて決定)
  • INCI名:リンケイ酸カルシウムナトリウム/マイカ
  • CAS 65997-17-3(Vitryxx®
  • CAS 12001-26-2(マイカ)
  • EINECS 266046-0(Vitryxx®
  • EINECS 310-127-6(マイカ)
  • 質量%:97~99%(Vitryxx®
  • 質量%:1~9 %(マイカ)
Vitryxx®M生体活性ガラス(マイカ配合):
SCHOTT Vitryxx®をマイカと事前に混合することにより分散性を高め、製品の外観を改善します。この製品は、乳液、液体、低粘性製品に最も適しています。

品質

詳細については、品質保証プロセスまたはダウンロードご覧ください。
見本市 & イベント
30.
May
展示会 Materials, Veldhoven, Netherlands, 2018-05-30 - 05-31
05.
September
展示会 CIOE - China International Optoelectronic Expo, Shenzhen, 中国, 2018-09-05 - 09-08
17.
September
展示会 Gastech, Barcelona, España, 2018-09-17 - 09-20
25.
September
展示会 European Microwave Week, Madrid, España, 2018-09-25 - 09-27
お問い合わせ
ショット日本株式会社
〒528-0034
滋賀県 甲賀市水口町日電3-1
日本国
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。