盗難防止装置用ハーメチックシール

製品概要

盗難防止装置は、車両の不正使用を防止する装置です。通常この装置は、無線周波数識別(RFID)チップとして認証コードを車両のキーに内蔵し、それを確認することによって作動します。車両の起動に使用したガジェットをこのチップが認識できない場合には、盗難防止装置が車両の起動を防ぎます。
ガラスと金属の封止(GTMS)技術によるフィードスルーは、電子コンポーネントへの連続的な電力供給を確保すると同時に、有害な環境要因からコンポーネントを有効に保護します。

特長

ショットのガラスと金属の封止技術によるフィードスルーはきわめて堅牢で気密性があり、お客様の要求に従って製造することができます。

用途

盗難防止装置は、幅広い車種に見られます。

仕様

技術

このパッケージの信頼できる気密性を確保するため、ガラスと金属の封止技術が使用されています。詳細については、こちらをご覧ください。
さらに、ガラスと金属の封止技術によるフィードスルーは通常耐ドリル性スチールパッケージで、より厳重に保護されています。

仕様

通常、盗難防止装置はさらにスチール製のパッケージに入っており、不正使用を防止しています。

納品形態

どの製品も、個別に包装し、トレーで納品することが可能です。

品質

ショットの気密端子は、すべてISOの品質保証であるISO 9001/14001を取得した弊社の工場で製造しています。詳細については、こちらをクリックしてください。
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。