ガスセンサー用ハーメチックシール

製品概要

ガスセンサーとは、その名が示すように各種のガスの検出に使用される装置です。最も一般的な利用法としては、周辺区域に危険な濃度のガスが充満した場合に人々に警告し、対策を講じることができるようにすることがあげられます。
また、ガスセンサー自体もモニタリング対象のガスから保護しなければなりません。なぜなら、ガスの中には、極めて重大なダメージを与える可能性のあるものが存在するからです。したがってガラスと金属の封止技術による気密端子を利用すれば、センサーを保護すると同時に、センサーに電力を確実に供給することができます。

特長

気密端子は、センサーを測定対象のガスから有効にかつ確実に保護します。この気密端子は、お客様の要求に応じて、さまざまな種類のガスやさまざまな分野の用途に適応できます。

用途

ガスセンサーは、家庭(ガスレンジなど)用と工業分野において、さまざまな用途で利用されています。またガスセンサーは自動車でも使用されており、トンネル通行中の乗員室内の二酸化炭素(CO2)濃度をモニタリングしています。二酸化炭素濃度が高くなると通気口を閉じ、空気の再循環プロセスを起動します。

仕様

技術

このハーメチックシール気密性を高めるため、ガラスと金属による封止技術が使用されています。この技術の詳細については、こちらをご覧ください。

仕様

製品はお客様のご要望に応じてカスタマイズも可能です。詳しくは、当社販売担当者までお問い合わせください。

納品形態と製品パッケージ

納品や包装について特にご要望があれば、当社販売担当者にご連絡ください。

品質

ショットの気密端子は、すべてISOの品質保証であるISO 9001/14001を取得した弊社の工場で製造しています。詳細については、こちらをクリックしてください。
見本市 & イベント
05.
February
展示会 SPIE Photonics West (Business Unit Electronic Packaging), San Francisco, CA, United States, 2019-02-05 - 02-07
05.
March
展示会 OFC - The Optical Networking and Communication Conference & Exhibition, San Diego, CA, United States, 2019-03-05 - 03-07
12.
March
展示会 IDS - International Dental Show, Cologne, Deutschland, 2019-03-12 - 03-16
お問い合わせ
contact-home.png
ショット日本株式会社
〒528-0034
滋賀県 甲賀市水口町日電3-1
日本国
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。