油圧センサー用ハーメチックシール

製品概要

エンジンは、シリンダーやピストンに絶えず潤滑油を供給するため、常に一定の油圧で動作する必要があります。この油の供給が止まると、エンジンは深刻なダメージを受けます。油圧センサーは、潤滑油系統の油圧を常時測定しており、このため、油の流れを最適なレベルに制御することができます。
ショットは、主にトランジスタアウトラインモデルをベースとして、潤滑油系統で使用するさまざまなセンサーハーメチックシールを受注生産しています。

特長

ガラスと金属の封止(GTMS)技術によるハーメチックシールは、製品寿命期間にわたり油、熱、ガス、振動に耐久性があり、センサーは最適なパフォーマンスが発揮されるように確実に密封されています。

用途

油圧センサーは油圧を一定に保つために必要であり、エンジン管理システムには不可欠な部品です。

仕様

技術

ショットのハーメチックシールは、個々のお客さまの仕様に従い、圧力グレージング技術で耐腐食性の高い材料を用いて製造されています。
ハーメチックシール部品の信頼できる気密性を確保するため、ガラスと金属の封止技術が使用されています。詳細については、こちらをご覧ください。

仕様

製品はすべてお客様の注文に応じて製造しています。詳しくは、当社営業担当者までお問い合わせください。

納品形態

どの製品も、個別に包装し、トレーで納品することが可能です。

品質

ショットの気密端子は、すべてISOの品質保証であるISO 9001/14001を取得した自社工場で製造しています。詳細については、こちらをクリックしてください。
見本市 & イベント
05.
February
展示会 SPIE Photonics West (Business Unit Electronic Packaging), San Francisco, CA, United States, 2019-02-05 - 02-07
05.
March
展示会 OFC - The Optical Networking and Communication Conference & Exhibition, San Diego, CA, United States, 2019-03-05 - 03-07
12.
March
展示会 IDS - International Dental Show, Cologne, Deutschland, 2019-03-12 - 03-16
お問い合わせ
contact-home.png
ショット日本株式会社
〒528-0034
滋賀県 甲賀市水口町日電3-1
日本国
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。