ディーゼルインジェクション用ハーメチックシール

製品概要

ディーゼル噴射ポンプは、燃料を細かい霧状にして直接シリンダー内に噴射することによってきわめて効率のよい燃料消費につながります。
ショットの気密端子は、ディーゼル噴射ポンプへのフィードスルーとして使用され、電源や計器のラインの信頼性を高めます。

特長

これらの部品には、エンジン周辺の過酷な環境条件に対して、耐久性のある材料が使用されています。ガラスと金属を用いた気密端子であるため、-5℃〜+150℃の温度変動条件において、エンジンオイルや燃料などの腐食性物質、強い振動が部品の気密性に悪影響を与すことはありません。

用途

最新のディーゼルインジェクションシステムに用いられます。

仕様

技術

部品の気密性を確保するため、ガラスと金属の封止技術が使用されています。詳細については、こちらをご覧ください。

圧力グレージング技術で製造されるハーメチックシールには、特殊な耐腐食性材料、特にステンレススチールを使用しています。

仕様

製品はすべてお客様の注文に応じて製造しています。詳しくは、当社の営業担当者までお問い合わせください。

納品形態

どの製品も、個別に包装し、トレーで納品することが可能です。

品質

ショットの気密端子は、すべてISOの品質保証であるISO 9001/14001を取得した弊社の工場で製造しています。詳細については、こちらをクリックしてください。
見本市 & イベント
05.
February
展示会 SPIE Photonics West (Business Unit Electronic Packaging), San Francisco, CA, United States, 2019-02-05 - 02-07
05.
March
展示会 OFC - The Optical Networking and Communication Conference & Exhibition, San Diego, CA, United States, 2019-03-05 - 03-07
12.
March
展示会 IDS - International Dental Show, Cologne, Deutschland, 2019-03-12 - 03-16
お問い合わせ
contact-home.png
ショット日本株式会社
〒528-0034
滋賀県 甲賀市水口町日電3-1
日本国
SCHOTTは、本サイトの表示を最適化し、閲覧者の利便性を向上するためにCookiesを利用しています。本サイトにアクセスすることで、閲覧者はCookieの利用に同意したものとみなされます。