Browse through our press and news section by category:

01.08.2016

ショット日本株式会社 新社長就任のお知らせ

ドイツの特殊ガラスメーカー、ショット(SCHOTT AG、 本社:ドイツ・マインツ市、取締役会会長:Dr. フランク・ハインリヒト)の日本法人、ショット日本株式会社(本社:東京都新宿区、以下「ショット日本」)は、2016年8月1日付けで下記のとおり社長の交代を行います。
ドイツの特殊ガラスメーカー、ショット(SCHOTT AG、 本社:ドイツ・マインツ市、取締役会会長:Dr. フランク・ハインリヒト)の日本法人、ショット日本株式会社(本社:東京都新宿区、以下「ショット日本」)は、2016年8月1日付けで下記のとおり社長の交代を行います。ショット日本は2016年1月7日に、設立50周年の節目を迎えました。次の半世紀も、特殊ガラス技術を通じて日本市場の発展に貢献できるよう、新体制のもとで更なる挑戦を続けてまいります。

【異動する役員の氏名および役職】

氏名 ふりがな 新役職 旧役職
犬飼 清 いぬがい・きよし 代表取締役社長 副社長
湯川 愛里 ゆかわ・あいり 退任(定年による退職) 代表取締役社長


【犬飼 清 (いぬがい きよし) 略歴 】
ブリティッシュ・コロンビア大学 (カナダ) MBA取得。パイオニア株式会社、日本ヒューレット・パッカード(現キーサイト・テクノロジー合同会社)等を経て、2013年ショット・モリテックス株式会社(現株式会社モリテックス)入社。同社製品統括・技術開発本部長、取締役を歴任。2016年5月ショット日本株式会社入社、副社長。1965年生まれ。51歳。

ショット日本について
ショット日本は、ショットグループのアジア初の販売子会社として、1966 年に設立されました。結晶化ガラス、光学ガラス、薄板ガラス、管ガラスなど、 ショット製品の日本市場での販売を担当しています。主要製品のひとつセランは、その耐熱性を評価され、1977 年以降、リンナイ株式会社の加熱調理機のトッププレートに採用されています。ショットグループは、2000 年にNEC との合弁会社「NEC SCHOTT コンポーネンツ株式会社」を設立、日本での活動を活発化させています。https://www.schott.com/japan

ショット AG について
ショットは、特殊ガラスやガラスセラミックの分野をリードする国際的なテクノロジーグループ企業です。ショットは 130 年以上にわたり、優れた研究開発や素材と技術の専門知識をもとに、多岐にわたる高品質な製品とインテリジェントソリューションを提供しています。ショットは、家電、医薬品、エレクトロニクス、光学、自動車ならびに航空など、さまざまな産業にイノベーションをもたらします。ショットは製品を通じてすべての人びとの暮らしのなかに息づき、イノベーションと持続可能な成功の実現に努めています。また、ショットは世界35 ヵ国に製造・販売拠点を設置し、グローバルに事業を展開しています。現在の従業員数は約 15,000 人で、2015年度の売上高は約 19 億 3000 万ユーロです。ショットグループの親会社であるショットAG は、ドイツ・マインツ市 に本社を置き、カールツァイス財団がその株式の100%を所有しています。財団所有企業であるショットは、従業員、社会、環境に対する社会的責任を重視しています。https://www.schott.com 

本件の報道・出版関係に関するお問い合わせ先
ショットAG 広報代理
CNC Japan 村上 樹
電話番号: 03-5156-0102   FAX番号: 03-5156-0188
Email: itsuki.murakami@cnc-communications.com
Press contact
SCHOTT AG
Christina Rettig
Public Relations Manager
Hattenbergstraße 10
55122 Mainz
Germany
Phone: +49 6131/66-4094
empty