Browse through our press and news section by category:

25.02.2014

NEC SCHOTT社、Li-Ion電池向けの新しい封止技術を展示

耐熱性・耐化学性の高いガラス封止で、長期間に渡る気密性維持と、電池の長寿命化が可能に
画像ID: 231392 NEC-SCHOTTのガラスとアルミニウムの封止技術(GTAS®)による、角型リチウムイオン電池用リッドと、円筒型リチウムイオン電池用リッド出典: ショット
画像ID: 231392 NEC-SCHOTTのガラスとアルミニウムの封止技術(GTAS®)による、角型リチウムイオン電池用リッドと、円筒型リチウムイオン電池用リッド出典: ショット
2014年2月26日から28日に開催される、第五回国際二次電池展(東京・江東区、於ビックサイト)において、NEC SCHOTTコンポーネンツ株式会社(本社:滋賀県甲賀市、代表取締役社長:武富正弘)は、リチウムイオン二次電池向けに新たに開発された、ガラスとアルミニウムの封止技術(GTAS®)による電池用リッドとコンデンサ用封止材を、W3-68ブースにて展示します。NEC SCHOTTコンポーネンツ株式会社は、日本のNECとドイツのSCHOTT(ショット)グループの出資により設立された合弁会社です。同社が展示する、ガラスとアルミニウムの封止技術(GTAS®)は、従来の封止技術にみられる弱点を克服した革新的な技術です。湿度に対して高い封止力を持つ設計を可能にし、電池の長寿命化と安全性の向上に貢献します。

日本は現在、EVの世界市場において、重要な位置を担っています。
高出力リチウムイオン二次電池は、日本で急速に市場が拡大している電気自動車(EV)の電源として利用されており、安全性のためには、長期にわたって水分の浸入を防ぎ、高い気密性を確保できる封止技術が必要です。 経済産業省(METI)によると、次世代自動車の市場シェアは2030年までに20-30%に成長するとみられています1)。EVの生産開発やインフラ整備にとどまらず、日本の企業は、EVに使用されるリチウムイオン電池技術の分野において、世界のマーケットリーダーです。高出力リチウムイオン電池の機能を長期間維持するためには、液漏れのない気密性の高い封止技術が必要です。リチウムは水と激しく反応する性質を持つため、湿度に対する高い封止力が求められます。しかし、現在一般的に使用されているリチウムイオン電池用パッケージとリッドには、電池の信頼性と寿命に影響を及ぼす技術的な弱点があります。例えば、有機シーリング材を電気接続部分に使用している設計の場合、湿度進入や液漏れの恐れがあります。長期間にわたり気密性を維持するためには、電気接続部分に経年劣化のない耐熱性、耐化学性の封止材が必要です。

NEC SCHOTTコンポーネンツ株式会社は、特殊ガラスと封止技術のリーディングカンパニーとして、リチウムイオン電池用リッド用に、ガラスとアルミニウムの封止技術(GTAS®)を開発しました。無機物のガラスを用いた封止技術は、高温条件でも安定し、電解液に対する優れた耐性と高い機械的安定性を有しています。これらの機能優位性により、電池セル内への湿度進入を防ぎ、強度の高い気密性と、電池の長寿命化を実現します。この新しいガラスとアルミニウムの封止技術(GTAS®)は、角型リチウムイオン電池用リッドと、円筒型リチウムイオン電池用リッドに適用可能です。また、コンデンサ用リッドにも最適で、長期間にわたる気密性の維持によりドライアップを防止することでコンデンサ全体の小型化を実現し、寿命を向上させます。ガラスとアルミニウムの封止技術(GTAS®)を用いたリッドは、電池とコンデンサの双方において従来の製造プロセスに統合することができ、設計のカスタマイズも可能です。

NEC SCHOTTコンポーネンツ株式会社は、2000年に設立され、特殊ガラスや、ガラス絶縁体を用いた高度な圧縮封止技術(ハーメチックシール)を駆使し、電気を導入するための接続端子(ターミナルヘッダー)等の電子部品を開発・製造しているリーディングカンパニーです。極端な圧力や温度にさらされ、過酷な環境のなかで使用されている、繊細なエレクトロニクス機器を長期にわたり防護する同社の気密性に優れた製品は、世界中で高い信頼を得ています。また、ショット社は70年以上にわたって蓄積されたハーメチックシールの技術を持ち、一次電池のガラス-金属圧縮封止技術(GTMS)分野において、20年以上の経験を有しています。無機物のガラスを用いたGTMS技術は、電解質への優れた耐性により液漏れを防ぎ、電池性能の高効率化に貢献します。また、耐化学性により腐食を防止します。これらの技術を基盤に、ショットは高出力リチウムイオン電池に最適なガラスとアルミニウムの封止技術(GTAS®)を新規に開発しました。

GTAS® は、SCHOTT AGの商標です。
1) 日本における次世代自動車の傾向トレンド(Trend Report Electro Mobility in Japan)ドイツ商工会議、2013年12月

電池製品に関する詳細情報はこちら: http://www.nec-schott.co.jp/japanese/batteries/index.html /

印刷用画像データは下記URL よりダウンロードいただけます。
http://www.schott-pictures.net/presskit/231425.necschott  /

NEC SCHOTTコンポーネンツ株式会社について
NEC SCHOTTコンポーネンツ株式会社は、日本のNECとドイツのショットグループの出資により、 2000年9月に設立された合弁会社です。当社は、気密端子、温度ヒューズ等の電子コンポーネンツ分野および特殊ガラス応用分野において、NECおよびSCHOTTグループが持つグローバルなノウハウを最大限に生かし、21世紀以降もお客様に満足していただける製品やサービスを提供しています。

ショットAGについて
ショットAGは、特殊ガラス・材料、先進技術分野で130年以上の歴史を有する国際的な技術グループ企業です。ショット製品の用途は、家電、医薬品、電子機器、光学機器、輸送機器など多岐に渡っており、多くの製品が世界No.1として評価されています。ショットはサステナビリティを追求し、従業員、社会、環境への支援に努めています。またショットは世界35ヵ国に製造・販売拠点を設置し、お客様との密接な関係を保っています。現在の従業員数は約15,400人で、2013年度には約18.4億ユーロの売上高を達成しました。なお、ショットは、カールツァイス財団の傘下企業です。
画像ID: 231391 NEC-SCHOTTのガラスとアルミニウムの封止技術(GTAS®)による、円筒型リチウムイオン電池用リッド出典: ショット
画像ID: 231391 NEC-SCHOTTのガラスとアルミニウムの封止技術(GTAS®)による、円筒型リチウムイオン電池用リッド出典: ショット
Further information
ショット日本株式会社
Michael Müller
Hattenbergstr. 10
55122 Mainz
Phone: 49 (0) 6131 66 4088
Fax: 49 (0) 6131 66 9141
empty