Browse through our press and news section by category:

24.04.2013, プレスリリース:2013年4月24日

高機能カメラ用ブルーガラスフィルター、より自然な色味を実現

ドイツの特殊ガラスメーカー、ショット社 (本社:ドイツ・マインツ市)は、世界トップクラスの幅広い光学ガラス製品群を供給しています。光学事業を担うアドバンスドオプティクス事業部は、現在、アジアで、高性能ブルーガラス(BG)フィルターの営業を強化しており、特に、日本では、デジタルカメラのグローバルブランドに向けた事業を拡大しています。 2013年4月24日から26日までパシフィコ横浜で開催されるレンズ設計・製造展 2013において、これらの製品をショット日本株式会社のブース(ブース番号:L1)で展示します。
高温多湿の環境下においても優れた耐候性により、透明性を維持できるショットのBG60、BG61フィルター。高品質の画質を実現。
高温多湿の環境下においても優れた耐候性により、透明性を維持できるショットのBG60、BG61フィルター。高品質の画質を実現。
ショットのブルーガラス(BG)フィルター、BG60 ~63 は、イメージセンサーに最適な光学部材で、以下三点の優れた特徴をもっています。

. 人の目に近い、自然で美しい色味を実現
. 優れた耐環境性により、高温多湿の環境下でも高い透明性を維持
. 組成と加工を最適化することで、非常に高い曲げ強度を誇る

一つ目の特徴は、ショットのBG60~63フィルターは、人の目に近い、自然で美しい色味を実現できることです。 通常、デジタルカメラやモバイル機器に内蔵されているイメージセンサーには、自然な色味を再現するために、赤外線 (IR) カットフィルターが装備されています。既存のフィルターでは、発色や被写界の深度に問題が生じていましたが、ショットのBG60~63を使用することで、画質低下につながる問題を防止することができます。

二つ目の特徴は、ショットのBG60~63フィルターは、高温多湿の環境にも耐える高い耐環境性をもち、常に高い透明度を維持することが可能なことです。

ショットの赤外線(IR)カットフィルターは、厳しい環境下でも優れた性能を発揮するよう設計されています。温度85℃、相対湿度85%の試験環境下でも、数100時間以上、完全な透明性を保ち、高い画質を維持することができます。他の赤外線フィルターガラスの場合、温度と湿度によって透明性が損なわれ、2日後にはフィルターにくもりが生じています。

そして、非常に高い曲げ強度を実現していることが、ショットのBG60~63フィルターの三つ目の特徴です。また、BG60は、750nm 周辺の波長に対して有効で、BG61 はさらに広い透過帯域を有しています。

特殊なアプリケーションにも、ショットは、お客様に最適のソリューションを提供します。

印刷用画像データは下記URLよりダウンロードできます:
http://www.schott-pictures.net/presskit/156456.bluefilter

More press photographs are available for downloading under: http://www.schott-pictures.net

画像 ID 156988: 高温多湿の環境下においても優れた耐候性により、透明性を維持できるショットのBG60、BG61フィルター。高品質の画質を実現。 出典: ショット

ショットAGについて
ショットAGは、特殊ガラス・材料、先進技術分野で125年以上の歴史を有する国際技術グループ企業です。ショット製品の用途は、家電、医薬品、電子機器、光学機器、太陽エネルギー、輸送機器、建設など多岐に渡っており、多くの製品が世界No.1として評価されています。ショットはサステナビリティを追求し、従業員、社会、環境への支援に努めています。またショットは世界35ヵ国に製造・販売拠点を設置し、お客様との密接な関係を保っています。現在約16,000人の従業員が勤務しており、2012年度には約20億ユーロの売上高を達成しました。 なお、ショットは、カールツァイス財団の傘下企業です。

ショット日本について
ショット日本は、ショットグループのアジア初の販売子会社として、1966年に設立されました。結晶化ガラス、光学ガラス、薄板ガラス、管ガラスなど、ショット製品の日本市場での販売を担当しています。主要製品のひとつセランは、その耐熱性を評価され、1977年以降、リンナイ株式会社の加熱調理機のトッププレートに採用されています。ショットグループは、2000年にNECとの合弁会社「NEC SCHOTT コンポーネンツ株式会社」を設立、2010年に内外硝子工業との合弁会社「ショットナイガイ株式会社」を設立、2008年には株式会社モリテックスの株式の大量取得など、日本での活動を活発化させています。

本件の製品販売に関するお問い合わせ先

ショット日本株式会社

電話番号: 03-5366-2491
Fax番号: 03-5366-2481


本件の報道・出版に関するお問い合わせ先

ショットAG 広報代理
CNC Japan 村上 樹
電話番号: 03-5156-0102
FAX番号: 03-5156-0188
Email: itsuki.murakami@cnc-communications.com
Press contact
SCHOTT AG
Michael Müller
PR Manager
Hattenbergstraße 10
55122 Mainz
Phone: +49 (0)6131/66-4088
Fax: +49 (0)3641/2888-9141
Further information
SCHOTT AG
Klaus Bernhard Hofmann
Vice President Corporate Public Relatio
Hattenbergstraße 10
55122 Mainz
Germany
Phone: +49 6131/66-3662
Fax: +49 3641/2888-9140
SCHOTT uses Cookies on this Website to enhance the user experience and provide the best possible Service. By continuing to browse the Website, you consent to our use of Cookies.